絵置き場 エロ庫〈R18〉 エロ板〈R18〉 同人情報〈R18〉 WEB拍手


2017-04-23-17:48
「やっぱり先輩、呼ぶんじゃなかった」

●上坂すみれのやばい 2話と3話
水樹奈々さんゲスト回。
2話は、すみぺが体を張ってなくて、あんまりだったけど、3話は、体操服になり、奈々さんおすすめの筋トレで、ヘロヘロになってて笑った。
奈々さんが、パワフルすぎるのか。



●拍手レス
>>原画師がオタ子だった…

どこかで見たことあるなと思ったら、たしかにw
ギャル子並のおっぱいになっていた。

>>アレ弟がスバルにしか見えん…声優も相まって

誰かと思ったら、リゼロの主人公ですね。
声も一緒だw

2017-04-22-25:08
「あっ、ここ、こうやって縫製してるんだ、いがーい!」

●Re:CREATORS 3話
セレジアの原作者・松原崇の家に集まり、挿絵担当のまりねさんも召集。
事情を説明したあと、メテオラの提案で、セレジアの強化を試してもらう。
新たな力を文章と絵で再現するも失敗。
弥勒寺とした話から、ファンに認知されないと効力がないと推察する颯太。
実験が終わったあと、セレジアとメテオラは、メテオラの原作者と繋がりのあるまりねさんの家へと厄介になる。

颯太が、まりねさんの仕事を直接見たことや、悩みをセレジアに見透かされて、自分と少し向き合う力を得る。
ドタバタが落ち着き、取り巻く状況も確認できて、俄然面白くなってきた。
このタイミングで、セレジアとメテオラと一度別れるというのは、颯太が自分を見つめ直すためにもよかった。

軍服の姫君が、颯太の昔の創作物なのかな、という疑問は誰でも頭をよぎったとは思うけど、虚空に話しかけてるのか内面に話しかけてるのか、何やら複雑な事情がありそうだね。
あくまで、知名度が顕現の条件ってことは、キン肉マンとかロックマンの公募みたいな奴でもあったんだろうかw
颯太が記憶してる出来事なら、最近描いたものじゃないだろうしね。

女重騎士・アリステリアが登場。
軌跡シリーズのアリアンロードを彷彿とする出で立ち。
公式サイトを見ると、意外にも作品世界の主人公とのこと。
弥勒寺が主人公のライバルと言われたら納得できるが、アリステリアタイプで主人公って珍しいよね。
ちょっと見てみたい。
作品世界の、小説や漫画をBD特典にしてくれたら、購入を考えてしまう。

●サクラクエスト 3話
とりあえず、国王としてやっていくことを決めた由乃。
しかし、ローカルテレビの出演時、途中から事前にない質問をされ、ろくな答えも言えず、軽い気持ちで挑んだことを反省。
町の人に話しかけた結果、誰もが現状を変えたいと思ってないことを知る。
ぬるキャラ番組で、自分の考えをはっきりと伝え、一年間国王をやり通すことを誓う。

4人も巻き込むことに成功して、次回から、本格的な活動がスタート。
凜々子の祖母が、カブラくんでいやがらせしようとしたとこ、歪んだ愛情のように見えて本気っぽいとこがいい。
2クールらしいし、丑松さんとの過去回は、絶対あるよね。
美人に描かれるんだろうなw



●拍手レス
>>むしろ不信から割り切ってカラダ売って誰かの庇護下に置かれないよう身一つで子供育てていく感じじゃなかろうか
男は嫌いだがこの国で子供を育てて行くにはカラダしかなく特別な技能や能力もないので…って感じ


そうして、最後は子供に裏切られるんですね。

●SS
>>七尾百合子「孤立した洋館で殺人事件が起きちゃったりとか!」P「そうだな」

おもらしオチ。
よかった、杏奈が殺されなくて。

>> 【ラブライブ】ことり「や、別に唐揚げは共食いじゃないから」

Printempsのとこ好き。

2017-04-21-20:44
「ふっ、久しぶりねぇ、博霊の巫女」

不思議の幻想郷 体験版【PS4】
東方キャラが織り成す不思議のダンジョンの体験版。
本編のエンディングまで楽しめるようです。
本編クリア後は、ダンジョンにひたすら潜るやり込みゲーになるみたい。
ボイス付きで、霊夢が、ゆっくり以外の声つきで喋っていて新鮮に映る。

ゲーム内容は、ほんとに不思議のダンジョンそのもの。
アイテム拾いながら、ダンジョンの奥へと潜っていく。
弾幕ゲー要素として、4種類の遠距離と範囲攻撃が用意されている。

前にPSPでシレンをやってみたこともあるけど、改めて、システムがどうも合わないみたい。
ゲームとしては、しっかり作ってあって、可愛いキャラがたくさん出るのが嬉しい。
やっぱり、ダンジョンに潜る願望がないのが問題なんだろうな。
世界樹やエルミナージュもだけど、名作と呼ばれるものが多いジャンルだけに、その才能のなさが悲しい。



●拍手レス
>>産んだ子を捨て置いて帰国する事も出来ず、不慣れな日本で男相手にカラダ売ってカネ稼いで、また父親が誰か判らない子を孕み産みその子を育てる為にまたカラダを売って孕んで…
ちんちんに来るわ


孕みスパイラル。
相手に結婚を迫ると、怖くて逃げられるんだろうな。

2017-04-20-22:13
「見てみたくなったんだよ、あいつらがこれから何をやってくれるか」

●ロクデナシ魔術講師と禁忌教典 3話
ルミアをさらった男達を倒して、ルミアを救い出す話。
魔術戦で、システィーナのディスペルが、手練れっぽい敵に効果あるあたり、いいパワーバランスです。
格上には効きませんってなってくると、インフレしちゃうから、魔法の性質が正しく働けば、効果があるってとこが好み。

ルミアは、お姫様であると同時に、世間では迫害されてるという異能の持ち主。
他者の魔力を上昇させる力が、どれほどの範囲で使えるかで、危険度が変わってくるよね。
テロリストたちは、お姫様という立場より、そっちの方が欲しいみたいだし、戦局を変えるレベルなんだろうね。

グレンと、その師匠であるセリカの関係も好きです。
いつか、ガチで戦ってくれるシーンがあると信じてる。



●拍手レス
>>18日更新の金髪碧眼ちゃんは外国からの留学生でウリやってるクラスメイトにそそのかされて付いて行ったら、オッサンに犯されちまったんだろう…
そんなトコまで読めた


お金をクラスメイトに半分くらい取られてそう。
国に帰るに帰れなくて、あげく孕まされるという、ニュースになりそうな話。

2017-04-19-23:01
「これは・・・・・・すごい仕上がり!? あおが適当に組んだ杜撰なゲート処理の武器とは比べものになりません」

●フレームアームズガール 3話
あおの学校について行く話とマテリア姉妹がやってくる話。
学校の友人・武希子も登場。
名前通り、フレームアームズガール用の武器を作ってくれる有能さ。
どこかお馬鹿なバトルとはいえ、新武器投入は熱い。
アーマードコアとかでも、武器を現地で調達したり投入してほしいんだよな。

マテリア姉妹との戦いに勝利し、またまたあおの家に居着くことに。
どんだけ増えていくのかw
マテリア姉妹は、見た目に反していい性癖。
スティレットをターゲットにするあたり、分かってる。

●アリスと蔵六 3話
トイレ中にミニーCに拉致される紗名。
力を使えば、誰にも負けないだろうけど、蔵六に止められてるから使ってないって感じかね。
蔵六が、紗名の立場を理解する展開かな。
こういった状況になったときに、蔵六にできることがあるのかも見ものです。

●高森奈津美と内田真礼の声優職業体験所 バスガイド編【DVD】
声優さんが、職業体験するシリーズ。
本当にきちんと職業を体験するため、バラエティの空気ではなかったw
かといって、ちゃんと教えてもらってるから、ふざけて欲しいわけでもないし。
二人とも、バスガイド自体はしっかりこなしてて、感心する。
タイトルに偽りが一切ないところが、評価に困る番組w



●拍手レス
>>ウリやってる女子高生か触手ちんちんサンの苗床か
最近どちらかに関連付けるクセが出来ちまったな


そこまで・・・!?

●SS
>>【ミリマス】百合子「人のカタチ」

芸能人は、安易にファンに近づいてはダメだよね。

2017-04-18-22:24
「魔術はすげー役に立ってるさ、人殺しにな!」

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 1話と2話
1話、魔術学校の非常勤講師として赴任してきたグレン。
しかし、授業は、自習ばかり。
やる気のないその態度に怒った名家の令嬢・システィーナ=フィーベルから決闘を申し込まれる。
初歩魔術のみというルールを作るも、ボロ負けし、失望される。

2話、魔術を高尚なものという信じるシスティーに、魔術のもう1つの側面を突きつけるグレン。
放課後、自習するルミナの手助けをして、魔術を成功に導く。
発動した魔術に喜ぶルミアの顔に、幼き自分と重ねたグレンは、翌日より授業態度を改め、一躍、人気講師に。
そんな中、グレンの前に敵が現れ、お姫様らしいルミアが連れ去られてしまう。

正直、この手の作品があってホッとしてる。
グレンは、王道の昼行灯キャラですね。
肉弾戦で強いというのが、好みです。

男に襲われるシスティーが、本気で懇願してるとこが、つらく、そしてエロい。



2017-04-17-25:49
「じゃあ、新しいの見せて!」

●Re:CREATORS 2話
セレジアが、原作者と会うために、写真付きでメールを送信。
その待ち合わせの場所に、魔法少女アニメの煌樹まみかが登場。
軍服の姫君の話を断ったセレジアと戦闘になる。
しかし、その攻撃の余波により、街が破壊され、セレジアが血を流す姿を見たまみかは、自分の世界との差異に気付き混乱。
大魔法をぶっ放したところに、またまた漫画のキャラが登場して、攻撃を防ぐ。

主人公の悩みが、ほんの少し覗くことができた回。
それ以外は、まだまだ何もできず。
現状を把握して行動するには、もう少し情報が必要といったとこか。
再び絵を描けるようになったら、キャラを産み出せるんだろうか。
みんなが、主人公のために出てきてもらったと考えるには、都合がよすぎるし、軍服と主人公は関係ないのかも気になるところ。



●拍手レス
>> シンヤんちの古い画像漁ってみたら意外と過去の方がウマ姦ブタ姦やら触手やら今より描いてるんだな

昔の方が、陵辱ものが好きだったのはありますね。
動物の描き方という本が、役に立ってました。

2017-04-16-27:12
「まいっか、もう寝よー」

●神撃のバハムート VIRGIN SOUL 2話
ニーナが、王都での魔族の扱いを知る話。
重く暗い話ながら、ニーナの明るさに救われる。
やっぱ可愛いは正義だわ。

カイザルも魔族の現状を知り、現在の立場との葛藤が強そう。
カイザルが吹っ切れる話は、アフロ待ちかな。

ニーナの故郷のドラゴンの里、意外と平和で慎ましやかに暮らしているように見える。
前回、10年前の事件のせいで、復興してないと言ってたけど、話を合わせてただけなのかな。
あの村が、今後、王様に脅かされそうなのが怖い。

●ヒロアカ 15話と16話
体育祭。
15話は、轟の凍らせるアクションが、すげーかっこよかった。
16話では、デクが、爆豪と轟を足蹴にしてトップを取ったのもいい。
勝つにしろ負けるにしろ、迷うことなく真剣に勝ちを目指す姿はいいもんだ。

オレンジ髪の子が、可愛かったので公式を見ると、B組の子でした。
今後の出番に期待。

●幻影ヲ駆ケル太陽
植田佳奈さんのブログを見たら、幻影ヲ駆ケル太陽のドラマCDが昨年末に出たと書いてて目を疑った。
正確には、小説版のドラマCDとのこと。
自分はアニメしか知らなかったけど、Web小説が連載されてたようで、今年に入ってもポータルサイトが更新されていて、びっくりした。
あかりの変身後の炎みたいな髪の毛が好きだったな。



●SS
>>【シンフォギアSS】調「突然の」切歌「授業参観デース!」

マリアは、来るわなw

>>曜「――憂鬱な誕生日……」

定番のやつ。

2017-04-15-20:02
「皆が見るのは私のブロンドの髪と大きなおっぱいだけ。誰も真面目に受け止めてくれないのよ」

キューティブロンド【ミュージカル】
神田沙也加さん主演のミュージカルを見てきました!
元は、2001年に公開された洋画のようで、パッケージは見たことありました。
えみつんも出てるので、eプラスに登録された出演者情報から、この公演のお知らせメールが送られた模様。
ダンガンロンパの舞台をBDで見て、神田沙也加さんのことを好きになったので、生で見られるチャンスとチケットを取ってみました。

チケットを取ったとき、席が24列目とちょっと遠い席だったので、双眼鏡を持って行かなきゃと考えてたものの、完全に忘れてた。
幸いオペラグラスが500円で貸し出されていたからレンタル。
いざ席に座ってみると、思ってたよりも舞台との距離が近く感じられた。
舞台の明るさ故なんですかね。

・お話の前提として、金髪女性は頭が悪いというジョークがアメリカではあるらしい。
美しい金髪を持つエル・ウッズが、彼氏に振られたことから始まる。
彼氏は、30で上院議員になるため、まずはハーバード・ロウスクールで法律を学び弁護士を目指す。
そこで、知的な財閥の娘を見初めるとのこと。
彼氏に振られたエルは、大好きなパーティにも参加せず、愛の一心で、勉強に打ち込み、彼氏と同じハーバード・ロースクールに入学する。

そこで、法律を学び、それを武器に友人を救ったことで、見た目だけじゃない力を身につける。
最初は、問題児として見られていたエルが、弁護士である教授のインターン4人の中に選ばれるまでに成長。
難しい問題に直面した裁判に、依頼人の信頼を得て見事勝訴。
エルのおかげと、打上げで皆でシャンパンを飲む。
しかし、そのあと、教授に一人部屋に残されたエルは、突然キスされてしまう。
自分の力で道を切り開き、信頼関係を築いていたと信じていたエルは、しょせん、ただの金髪のバカ娘だと思われているのだと悟り、ハーバードから去ろうとする。

↑このシーンが、一番きつく切ない展開でした。
周りの優秀な生徒にバカにされたりしながらも、頑張って結果を出して、ようやく他者に認められたと思ったら、教授から見たら、おだてれば簡単にやらせてくれそうな女くらいにしか見られてないという。
抜きゲ―だったら、やられてた。
女性客が多い公演だったこともあり、このシーンでは、泣いてる人もちらほらいましたね。
伊集院光さんが、昔ラジオで言ってた、ブスな店員がいたら能力を信頼できると豪語してたことを思い出したけど、逆も然りですね。
容姿フィルターって確実にあるよな。

そのキスシーンを目撃したライバルの女生徒ことえみつんが、手を貸してくれたりと、熱い展開もあり、最後はハッピーエンドに終わりました。
歌も迫力あったし、神田沙也加さんは滑舌もよく、ソロが多いこともあり聞き取りやすかった。
複数人が歌うパートは、なんて言ってるか分からないことがあり、そこは少しマイナスかな。
えみつんは、後半に歌のパートがようやくといった役回りで、キレッキレで踊ってましたね。
散々言われてるけど、μ'sのファイナルライブより確実に痩せてるw
神田沙也加さんは、綺麗で可愛いけど、痩せすぎてる気もします。
その辺の感性は、男女の埋まらない溝なんだろうな。

エルは、オシャレな女の子ということで、いくつか衣装替えをしていました。
なかでも、うさ耳を付けたエロめのコスチュームは、めちゃくちゃ可愛くて似合ってた。
シーンとしては、ライバルの子から仮装パーティをやると言われ、いざ行ってみるとみんな普通の格好でバカにされるという、人によってはトラウマを抉られかねない展開。

ライオンキング以来、久々に舞台でミュージカルでしたが、楽しめました。
チケットが安くはないので、気軽にはほいほちと行けませんが、機会があれば、また行ってみようと思います。




●SS
>>卯月「島村卯月、>>3がんばりません!」

途中、楽に稼げる仕事に期待してしまった。

2017-04-14-23:27
「うちの裏山にもヒルがたくさんいます!」

●サクラクエスト 2話
会長が、饅頭100箱のところを1000箱誤発注。
東京へ帰りたい由乃は、完売を条件に一年契約の取り消しを約束させる。
宣伝のため、ホームページ作成に動画撮影と頑張るも、観光客が来る気配はなく、売れ残り残留決定。

メインの女性キャラ5人が、早々に集まり、1つの物を作るために協力した回。
良い意味で意外と早くて、今後も楽しみになりました。
国王しつつ、キャラを掘り下げていくのは、ちゃんとした構成だね。

Web担当の香月早苗、立ち絵だけ見ると年上路線の好みから外れてたけど、家にいるときのラフな格好が魅力的。
ちょっと、。
そのときのシーンをもう一回見てたけど、虫描写はきつい。
あっさり対処するしおりは、まさに田舎っ娘。

引きこもりの凜々子は、お祖母ちゃんが観光協会と対立してるせいで、表だって協力しづらいみたいですね。
あの人が味方になるときに、凜々子の問題を解決する流れかな。
部屋にレイアースのパロディものがあったのが、地味に嬉しい。

売れない女優の緑川真希。
さすが役者さんだけあって、恥じることなく思いっきりチュパってた。
会長さんから、チュパカブラの継承者にターゲットされたっぽいねw



2017-04-13-24:05
「なんか、すっごく武器っぽ〜い」

●フレームアームズガール 2話
バーゼラルドが、いい味出してた回。
轟雷とスティレットがちゅーしたりと、百合百合しい。
あお意外のテスターは、出てこないのかね。
どんどんあおの元に、増えていくのだろうか。

●弱虫ペダル GRANDE ROAD 1話〜視聴中
御堂筋の過去、切ない。
小野田が秋葉原に行ってたのと同様に、母のお見舞いに2時間もかかる病院に通ってたってのが、またね。
レース中にそこまで絡んでなかったのに、2日目負けて京都に帰ろうとしてるとこで、小野田と走るのは、よかった。

●TrySail 新曲PV『adrenaline!!!』
3人の笑顔が眩しいPV。




●拍手レス
>>そう言えば、ベヨ姐さんがいきなり(吹き替えだけでなく4Kにまで対応して)スチムーに出てたな…
ついでにエロ板のこのスレを読み返しましたが、今ならスタイリッシュ脱糞とかスタイリッシュ出産とか(ry


ウィッチタイムで種付けして出産していくスタイルか。
ベヨネッタ、懐かしいですねー。
アクション不得手ながら、頑張ってクリアしました。

2017-04-12-20:57
「私は自分と他人の境界線が曖昧だった」

●アリスと蔵六 2話
能力を開発されてるのかと思ったら、調べられてる感じだな。
紗名が、どこから来たのか、謎が深まる。

●PLAYER UNKNOWN BATTLE GROUND【Steam】
前に実況動画を紹介した、100人でのデスゲーム、略してPUBG。
やってみたくなったので、購入してみました。
動画を見てたこともあって、ゲームの流れはすんなり把握できた。
PCでシューターをプレイしたことがないので、操作に慣れるのが大変。

何回かプレイして、一度、5位になりました。
敵と出会わなければ、実力がなくても上位に入れるのは、初心者にも嬉しい。
1位になるには、戦って勝つしかないようです。
最終順位とキル数、攻撃を命中させることで、ポイントを獲得できる。
それを使って、衣装がゲットできたりもする。

自分でプレイしても面白かったです。
グラフィックボードの性能的にギリギリぽくて、実況動画のように遠目が綺麗ではないし、人が多いとカクついたりする。
スペックは求められるゲームですね。



2017-04-11-19:01
「中二ってなんなの!? 中二ってどういうことなの!? 分かんない分かんない分かんない分かんない分かんない!!」

異能バトルは日常系のなかで 全12話
ラノベ原作、TRIGGER制作のアニメ。
序盤の日常シーンのBGMの使い方が微妙で、寒く見えてしまうシーンがちらほらとあったのが、勿体なかった。
BGMが、コレジャナイと感じると悲しいよね。
序盤は、少し退屈だったけど、話は徐々に面白くなっていきました。

2話の勘違いさせて付き合った生徒会長を振る話が、切ない。

5話、灯代が、ラノベ作家を目指していることを知る話。
1次選考を通過したお祝いに、土曜限定のケーキを食べに二人でおでかけ。
着ていく服に悩む灯代が、乙女すぎて可愛い。
これはメインヒロイン。

放映当時、話題になってた気がする、中二病を理解できない鳩子の長台詞。
はやみんの凄さと共に、胸に来るセリフだね。
自分も、その手の知識がほんとになくて、単語だけ知ってるものばかり。
興味を持たないと、覚えられないよね。

後半から、ヒロインたちの主人公をめぐる恋愛模様が展開。
想いがガチすぎて、気楽に見られない空気の重さ。
最後は、ヒロインたち全員が、互いに主人公を好きだと認め合って、続いていく。

原作は、どうなってるのか気になって、Amazonレビューを見た。
挿絵がTRIGGERの人になって一悶着あったり、アニメ化に対してのメタ発言が入っていたり、作者がキャラに語らせるラノベ持論が前に出すぎてる模様。
絵師変更なんて悲しいこと、ただでさえ許されないのに、表紙だけ変わらず、挿絵だけ違うって悲しすぎるよね。
お話は、もう佳境のようで、気持ちよく終わるといいね。

武装少女マキャベリズム 1話
元は女子校だった学校に転入してきた主人公。
女子生徒は武装しており、男子生徒は、化粧をしておかまになっている。
この学校が共学になった際、貞操の危機を感じた女生徒たちが武装。
男子たちを矯正し始め、不良などを更生させることに成功。
それからは、積極的に問題児を引き取るようになり、問題を起こした主人公が転校してくる。

可愛い女の子が、多かった。
仮面の少女・鬼瓦輪、最初の敵かと思いきや、メインヒロインなんだね。
黒髪ショートのメインヒロインは、あまり見かけないので期待。
花酒蕨と因幡月夜のロリ勢、どちらも好み。
最後に出てきたアホの子っぽい百舌鳥野ののもよい。
どういう形で、女生徒たちと交流していくのか、楽しみに視聴してく。



●SS
>>【ミリマス】静香「霧の町」

ひぃっ。

2017-04-10-21:16
「あなたは、僕の見てるアニメのキャラだから!」

Re:CREATORS 1話
広江礼威さん原案の、期待の新作。
らしいけど、今のところ、この主人公である必要性が、分からん。
創作に悩んでるのは分かるけれど、彼女たちと出会ったことに衝撃を受けるわけでもなく、創作に利用するでもなく、何かしらの明確な意思表示がなかったので、まだ方向性を図りかねる内容。
最初に自殺した女の子が、憧れの絵師か、もしくは友達かと思ったんだけどな。

創作物から出てきたキャラたちの方は、自分の存在意義を見失って地球に住み着くのか、はたまた、同人誌でエロいことされてるのを見て、人類を滅ぼそうとするのか、それぞれ目的は生まれそうなので、そのあたりは楽しみですね。
聖杯戦争みたいに、絶対に争いが起きるような仕組みがあると、微妙かもしんない。

女の子が多くて、ハーレムものっぽくなってるのが意外でした。
軍服の姫君とも交流があるといいな。
前評判が高いが故のって部分もあるし、今後に期待します。

神撃のバハムート VIRGIN SOUL 1話
前作から10年後の世界。
前作の影響で、村に被害が出て未だ復興できず、王都に出稼ぎに来たニーナ。
街を騒がせている賞金首を追っている途中、カイザルに攻撃を当ててしまい、兵隊に追われるはめに。
賞金首のアザゼルに助けられたニーナは、胸のときめきが高まってドラゴンに変身し街を破壊する。

キャラデザの恩田尚之さんが好きなので、続編が見られて喜ばしい。
前作の1話も、街でドタバタと追いかけっこしてた気がするな。
アフロに比べて、可愛い女の子というのがいいですね(ひどい)
ドラゴン形態は、どこかコミカルで不細工だったw

前作のシナリオは、ファンタジーアニメらしいというか、例によって壮大な戦いに発展してしまいましたが、今回も天使ぽい人達と争うことになりそうで、終盤は派手になるのかな。
自分は、身の丈に合った事件の方が、キャラの魅力を引き出せると思ってるところがあるので、地味でもいいんですけどね。
魔族を商品とする人や、王様の人格に問題があったり、今回は、王都で問題が起きているようなので、街中の生活がもっと見られると嬉しい。

アリスと蔵六 1話
少し古さを感じる絵柄だが、愛嬌があっていい。
車のCGが、CGすぎたのに笑った。
話は、蔵六が紗名たちアリスの子をしつけつつ、政府側が、アリスたちの認識を改めて扱いを変えていくって流れかな。

紗名の声は、大和田仁美さん。
SHIROBAKOのりーちゃんやネトゲ嫁のセッテさんなので覚えてる。
Wiki見たら、メインキャラはこれで3人目ぽくて、全部コンプリートしてた。
頑張ってもらいたい。



●拍手レス
>>>読んでて悲しいですもんね
アニメに関わらず、製作者のコメントがそんな感じだと次からその人が関わるモノ見なくなりますねぇ
漫画の実写映画とかゲームとかのPが出来酷いのに自信満々にズレたこと言って反感持ったまま見限るのよりはマシですが


視聴者も、なるべくネガティブな情報をシャットアウトしていくのが大事ですね。

2017-04-09-20:29
「真面目に頑張ってる人が勝つ。世の中はそういうものだったか」

●ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 13巻
レイドボス攻略と生徒会選挙の話。
リアルでは、生徒会長を引退する会長が、セッテさんに引き継がせようと悩んだ末、承諾なしで立候補させる。
ネトゲ部では、3PT24人で挑むレイドボスとの戦いに挑戦していく。

セッテさん好きとして、メイン回は嬉しい。
オチもすごく納得するオチで、笑ってしまう。
教室でレイド攻略のために作戦会議してて、どんどん沼に沈んでいる。

●上坂すみれのやばい 1回
バラエティ番組。
水瀬いのりさんがゲスト。
声優主体なので、余計な気遣いがなくて楽しかった。



●拍手レス
>>ウリやってる女子高生が犯されるヤツか
触手モノで作れるな


触手マンの時代がくるー。

>>サクラクエスト1クールらしいが シンヤんちが気に入って出してくれるだろうか
田舎で虚ろな目でただ産まされるだけの苗床モノとか見てみたい


今後の話が面白いとテンション上がるので、そこに期待です。

●SS
>>志保「一人暮らし」

こえー。

2017-04-08-25:23
「あるよ・・・結婚しよう・・・・・・”う”だよ」

●プラネテス 全25話
見よう見ようと思って先延ばししてた宇宙アニメ。
2075年、宇宙開発の際に出たデブリ、それを回収するデブリ課の話。
作画も話もいいしで、面白い。
ハチマキと田名部の恋愛模様も、最近では見られない雰囲気で素敵だった。
女性陣では、リュシーが好きでした。



●拍手レス
>>押し上げ大好き

よかったです!

>>シレっとクリトリス責めてる触手ないか?

ありますよー、正解です。

>>サクラクエスト…コレはしおりちゃんが大人気で町の男衆に何人も産まされまくるキャラになるな

それから逃れるために、木春を引き込もうと計画したのがしおりなのでは・・・・・・!?

>>近隣の学校でも有名な淫乱女子高生だが主人公の事は本気だった
告白を受け入れ揚々と事に及んだら突き入れられた瞬間ちんちんの擬態が解け…
まで読み取った


手ほどきしてあげようと思ったら、逆に喰われたんでしょうね。

>>>去年は映画が、盛り上がってましたし、多くの人を繋いで流行を作れる場所は、今では映画館くらいなのかも。

USJとかも去年色んなコラボイベントなどで盛り上がってたみたいですし、結局はそういうレジャー施設の管理者の工夫次第ではないでしょうかね?
けものフレンズで動物園の来園者が増えたとか少しの間増加が見込めそうとかあるみたいなんでそのチャンスを活かせる人が機能するかでしょうねぇ
テレビ業界の場合循環というか、一言に改革ってやつがいるんじゃないでしょうかね?(


USJも、好調みたいですね。
動物園にしろ、そういった施設に人が入るのは、健全な気分になれるので、頑張ってもらいたいです。

>>>クリエイターの能力という気がします。

インタビューの内容をチェックしないってのは普通ないもんだと思うんですけどねぇ
放送中のネタバレを言ってしまわないようにするもんなんでしょうが鉄血の場合どっか途中から見捨てられた感じがしますね
クリエイター能力に関しては時と世代を重ねるごとに劣化していってるのは確実にあるでしょうね


売上げが振るわなかったアニメでも、好きな人がいるわけだし、作った人達の言い訳みたいな記事は、読んでて悲しいですもんね。
バスカッシュが好きな自分は、脚本を担当した佐藤竜雄監督へのインタビューで、インタビュアーが失敗した前提で話を聞いてて、悲しくなりました。

>>ワタシもくらり氏のFF5実況動画を観始めましたよ。
女性実況プレイは、見てみて楽しいものがあります。
実は、ワタシは初めて経験したRPGがFF5でした。当時はレベルだのジョブだの全然わからなくて大変でした。
今考えるとワタシ、当時からファリスのこと、大好きだった気がしますw


おぉ、懐かしい動画です。
女性実況は、女性ならではの視点があって面白いですね。
FF5のジョブシステムは、子供時代だと難しいですよね。
どのジョブも使い道があるんだろうけど、そういうのを見分けたりはできなかったような気がします。

>>足コキならぬ、太ももコキ、コレはクるものがありますねw
純白のおパンツとクロッチの対角線にあるスジが伴ってエロさに相乗効果が!!


さらにニーソと太もも、2つの素材を味わえるのです。
治療と称してエロいことするシチュも大好物です。



2017-04-07-25:44
「トールも一緒に行く?」

●小林さんちのメイドラゴン 最終話
トールの父親が登場し、トールを巡って、小林さんがバトルする回。
ちょこちょこ前振りがあったトール父回で、無難な終わり方だった。
序盤から、ちょくちょく切なげなシリアスが入ってたりして、その影の部分が、個人的にはマイナスに働いてた作品でした。
基本は、コメディ作品なので、楽しく笑えるような話で締めて欲しかったね。

キャラで好きだったのは、カンナとエルマ。
エルマは、そこまで出番なかったし、天地無用の清音さんくらい苦労してる姿が見たかったw
むっちりした絵柄が可愛くて、またこういう路線をやってほしいとこです。

サクラクエスト 1話
P.A.WORKSの町おこしアニメ。
町おこしそのものをアニメ化するという、ストレートに爆弾を投下してきた。
キービジュアル同様、木春のピンクな髪色は浮いてるw
しおりを見て、結城友奈のキャラぽいなと思ったら、キャラ原案がBUNBUNさんだった。
絵柄は、P.A.WORKSぽいけど、特徴が出るものだね。

・就活に失敗続きの木春由乃の下に、以前バイトの登録をしていたところから、観光地の1日国王の仕事がくる。
仕方なく引き受け、寂れた田舎でイベントを済ませる。
用意された家で一泊して帰る気満々の木春だったが、一年間、住み込みで働くことを知る。

お仕事アニメになっていくんだろうかね。
木春の思い出の地だった、という運命的なところは、どうなのかなと思います。
木春が気付くにしても、鬱展開になったあとに、立ち直るきっかけに使えばよかったんじゃなかろうかw
P.A.WORKSと、好みのキャラデザなので、今後を楽しみにする。

●NARUTO サスケ奪還編
抜け忍になったサスケを、一人一殺で追っていく。
1つ1つの戦闘が長く、原作時は、話が進まないのであまり好きじゃなかった。
でも、熱い戦いが多く、我愛羅たちが救出にくるのも燃える。

次からアニメオリジナルになるようで、あまり活躍しないキャラの出番が楽しみ。



●拍手レス
>>サウラクエストはエロ同人なら僻地の街興しという名目で仕事依頼してその実過疎化が進む街に歳若い娘を招き入れ、入ったが最後逃げられず最後には共有のヨメとして街で飼われて沢山の父親の沢山の子を産まされる話で描けるなウン

流れとしては、エロ漫画でよくあるアイドルの仕事として連れられた先でって、雰囲気はありますねw
しかも一年間は、逃げられないし、田舎は怖いわ。

>>>寂しい話ですねー。

その子供の絶対数が少なくなってるってのがコンテンツの長寿化を招いてる逆因果って話も
昔のアニメが名作に思えるのはまだアニメだけでなくテレビメディアに力があったからでしょうねぇ
ネットに台頭された現在はもう・・・


去年は映画が、盛り上がってましたし、多くの人を繋いで流行を作れる場所は、今では映画館くらいなのかも。

>>>テーマとか真面目に考えるのもいいけど、敵をかっこよく倒すという基本を忘れないでほしいな。
大前提として娯楽であるということがわかんなくなってる気取った方々が業界に多すぎるんでしょうね
鉄血の場合テーマもあやふやで適当にやってしまったらしいそうですけど・・・・
けものフレンズの大逆転劇とその反響を活かそうとする業界の人々の話を追ってると中々興味深いです
何が時代に適合しているのかもなんで盛り上がったのかもワカラン状態みたいですよ


鉄血は、監督と脚本のインタビュー記事で、より荒れてる気がしますね。
失言を考えると、シリアス系の作品のインタビューは、検閲した方がいいのではと思ってしまいます。
してるんでしょうけど、大したことないとスルーされてるのかな。
ファンが聞きたい話とそうでない話を選別するのも、クリエイターの能力という気がします。

2017-04-06-17:37
「みくちゃんに、飴で買収されたんだ・・・・・・」

●シンデレラガールズ劇場 1話
短いけど、可愛くてよろしい!

●フレームアームズガール 1話
高校生になり一人暮らしを始めた源内あおの下に、荷物が届く。
轟雷という名のフレームアームズガールを手に入れたあおは、テスターとして轟雷の感情を育てていく。

あおの声が、日笠陽子さんという、後輩に全く道を譲る気のない起用に笑う。
いい意味でいい加減な子で、テスター代のために頑張るというのも面白い。
大きな事件を起こさず、明るく楽しく関係を深めていってほしい。

●グランブルーファンタジー 1話
空から可愛い降ってきた女の子が、帝国兵に狙われていたので助けたら、敵のドラゴンに殺される主人公・グラン。
少女に生き返らせてもらい、バハムートを召喚して終了。

ゲームは、三日坊主でやめちゃったけど、こんな出だしだった、と思い出した。
メインシナリオだけ追っていくと、いかにもゲームらしい展開なので、どう面白くするか監督の手腕が問われそうですね。
主人公の性格は、王道で好感持てました。

●笑うせぇるすまんNEW 1話
小さいときに見てた記憶はあるんだけど、イメージに比べると軽かったかな。
意外と、積極的に仕掛けていくのは、せぇるすまんだからか。
悪いことしてるわけじゃない人が、唆されて破綻していくから、なんともいえない気分になる。
Aパートなんて、ただのキャバクラにはまった人だものw



●拍手レス
>>>ヒロアカの放送枠が、変わったのもそういう事情があるんですかね。

放送枠を打ち切る決定が下されるまでの判断にかかる時間を考えると鉄血一期が主な原因だったんじゃないかと噂されてますね
後から巻き添えくらう感じになるから集英社が相当労力を割いたのか
他局に変えてまでってかなり珍しいことでしょうに
アルスラーンもどっかでやってくれたらいいのに


寂しい話ですねー。
子供たちは、長寿の子供向けアニメで満足してるんでしょうね。
グルグルとかレイアースが19時台にやってたのって、今思うと凄いな。

>>>数少ないロボットものの打率が低いと、ほんとに消えそうで怖い。

そろそろガチでロボットアニメが終わっても不思議じゃない時期に入ったと個人的には思っています
ガンダム以外にもマクロスやファフナーと10年以上の選手はともかく新規作が同等に至れないのが問題でしょうね
鉄血のダメージがどれだけ後から効いてくるかわかりませんが、最悪ガンダムすらもゾイドやアーマードコアやフロントミッションみたいになっても仕方ないんじゃないかと
終わりを自覚できずにいるのが一番厄介ですね


時代に合ってないのに、盛り上がらないとあっては、数が少なくなるのも仕方ないですよね。
テーマとか真面目に考えるのもいいけど、敵をかっこよく倒すという基本を忘れないでほしいな。

2017-04-05-20:55
「そうかー大人気声優だったか、がははー!」

ガーリッシュナンバー 全12話
俺ガイルの渡航さんが、シリーズ構成を担当した声優アニメ。
ずーっと”わたり こう”さんだと思っていたけど、”わたり わたる”さんということを知った。
俺ガイルは、決まっていた新刊の発売日が未定になったようで、ファンが悲嘆に暮れているとか。
自分も、アニメにならないなら、続きは読みたい。

・感想
調子に乗りがちで人間として問題のある新人声優・烏丸千歳が、アニメの主役に抜擢。
千歳の不真面目さも問題だったが、そのアニメも問題を抱えていた。
制作のドタバタもありつつ、千歳が声優としての自覚を持ち、ほんの少し成長する話。
絵が可愛くて、楽しかったです。

千歳主役アニメの出来が、あまりにあれなので、BD特典に声優たちの水着映像をつけるという、現実では見たことない展開が。
こういうことすると、怪しい噂しか立たないと思うんだけどw
個人的には、水着よりも面白い企画が、入ってると嬉しい。

意外と早く万葉と打ち解けたり、百花と万葉の仲が掘り下げられたり、最初の印象に比べると普通の女の子アニメに落ち着いていた。
実際にどうかは別として、声優ものをやるなら、表面上は仲がいいけどギスギスしてる姿を、もっと見たいと思ってしまう。
人気声優とギリギリな声優が、混在する世界というイメージがあるので、残酷な部分を見たくなるんだけど、単に自分の性格が悪いのかもw
八重と京と差がつき始めてるところが、暗に出始めたとこは、どうなるのかドキドキしてた。

人様の感想を見ると、千歳の不真面目な態度が、許せるラインを越えてるってあって、そこは少し分かる。
アニオタって、クズは好きだけど、真面目にやらないキャラは、好きになりづらいですよね。
裏で態度が悪かろうと、やることやってれば、面白いキャラで済むし。
笑いに変換できる範囲を超えてイラッとしたシーンは、確かに少しあったな。
ただイラッとしたってことは、そのシーンでやる気を出してくれたら、むしろ好きになれたんだろうし、タイミングって難しいね。

とはいえ、ちとせの性格自体は、おもしろくて好きです。
どうやら2期はなさそうだけど、1、2年経過した皆を見てみたいな。
浮き沈みが激しい業界ぽいし、2年も経てば、状況がめっちゃ変わってそう。
千歳が、エゴサしてたり自己愛が異様に高かったりしてたけど、この点に関しては、実際の声優さんでもいそうだし、twitterでめっちゃ呟いてる声優さん見ると心配になる。

●ディメンションW 全12話
岩原裕二さん漫画原作のアニメ。
第四の次元Wから、無限のエネルギーを取り出せるコイルの発明によって、人類は繁栄。
その影で、不正コイルによる犯罪が多発しているため、回収屋と呼ばれる人間が、事件解決に動いている。
回収屋のマブチ・キョーマは、事件中に謎の少女・ミラと出会い、物語が動いていく。

作画が綺麗で、女の子は可愛く、男たちがかっこよかった。
シナリオの構成は、序盤は小さな事件を解決して、中盤から終盤にかけて大きな事件を取り扱ってくタイプ。
序盤の回収屋として事件を解決していく方が、好みです。
大きな事件と主人公ががっつり絡んでるお話なので、そこで好みが分かれるかも。



●拍手レス
>>>●鉄血のオルフェンズ 最終話
個人的に種死やAGE以上にガンダムの中でも問題と禍根を残した感じになりましたね・・・・
放送枠潰してスタジオも解散というのが決まってる時点で上がどう考えてるかわかりますけど・・・


ヒロアカの放送枠が、変わったのもそういう事情があるんですかね。
数少ないロボットものの打率が低いと、ほんとに消えそうで怖い。

2017-04-04-20:19
「どこかに児童相談所などないものか・・・」

幼女戦記 全12話
転生したサラリーマンが、幼女になって戦争する話。
現世時代、無能な部下をクビにしたら、恨みを買って、線路内に突き落とされる。
死の間際に現れた神を自称する存在に、この恵まれた時代に神を信じるものなどいないとケンカを売り、争いの絶えない世界へと転生させられる。
孤児院育ちの貧しい暮らしだったが、魔法適正を持つことが分かり、士官学校へと進み軍人となる。

ミリオタが幼女になって無双する話なのかなー、と思ってたけど、主人公がいいキャラしてて楽しかった。
幼女というのに、オタクらしい反応が一切ないから、中身が全然俺らじゃないのがいいね。
いいところで終わったんで、2期がなさそうなら原作に手を出すかな。
部下たちが、意外と死ななくて愛着出てきたし、彼らの今後も気になる。



●拍手レス
>>このライトブラウンの髪の女子高生は主人公の触手ちんちんサンの幼馴染で1〜3歳くらい年上で
ずっと主人公の事を子供だ子供だと思っていたら成長するにつれ男らしい身体つきになって行くことにドキッとするもまだ子供扱い…だが主人公から告白され戸惑いを覚えつつも事に及ぼうとする

そして触手ちんちんが本性を現し気付くと苗床に…
という設定まで読み取った!


そこまで・・・・・・!?

>>鉄血>
今までのガンダムだったらティターンズやアロウズのような「反対勢力殲滅のための強権特殊部隊創設」の流れになるはずが、むしろ逆にラスタルが鉄華団やマクギリスを台頭させるまでになった「300年間で極限までに歪んでしまった社会制度」そのものにメスを入れた、というのが意外だったかと。
それと、ラスタルとの会談時にクーデリアのそばにいたユージンだけでなく、サウナオヤジ抹殺さえ放置したのを見てると、「組織としての鉄華団」は断罪したものの、メンバーについてはその限りでない、と思ってそうな。
あと、、何故かアトラの妊娠ネタをスルーしてたのが、このサイトのカラーとしては意外だったり。


Ifでなく作中でそうなっちゃうと、てのもありますが、鉄血の女性陣は、イマイチそういったテンションで見られないですね。
三日月とアトラのように、男女が子供を作るのは当たり前のことです、みたいな人達だと特に弄りにくいです。
クーデリアみたいな女子っぽいリアクション取ってくれる方が、隙があっていいですね。
結局、三日月とは何もなかったぽいし、ずっと独身を貫くのかな。

ラスタルにとって鉄華団とMAを倒したバルバトスの存在さえ消せれば、あとの要素は、よかったんでしょうね。
鉄華団のその後を、ほんとに知らないわけじゃないでしょうし。
ラスタルの言動を追ってなかったので、どのタイミングで、ああいう世界を描いていたのかは、気になるところです。
セブンスターズの一当主として、イオクやカルタを代表とする平和ボケした連中が増えてることに加え、マクギリスの反乱が後押しして、危機感は抱いてたのかなとか。

2017-04-03-25:19
「野望や目的のための手段ではなく、人として、ただひたすらに生きるために戦う」

●鉄血のオルフェンズ 最終話
皆を逃がすために、三日月と明弘が、ギャラルホルンと戦い続ける。
そこにラスタルが、宇宙からダインスレイブを打ち込み、瀕死の重傷を負う。
それでも戦い続け、明弘はイオクを殺したところで力尽き、三日月はジュリエッタによって、討ち取られる。
こうして、のちにマクギリス・ファリド事件と言われた事件は終息する。

名家の当主半数を失ったギャラルホルンは、民主制に近い形で、新たな組織を再編し、ラスタルがその代表となる。
火星の各都市は、火星連合を作り、クーデリアが代表となる。
生き残った鉄華団の団員たちは、慌ただしくも新たな生活を送っている模様。

・どうなるのか不安でいっぱいでしたが、戦闘もエピローグでのその後の世界の行く末にも、意外と満足できました。
マクギリスの求めた世界が、ラスタルの手によって行われたというのがいいね。
ラスタルの目から見ても、現在の支配構造の問題があったってことだよね。
マクギリスとラスタルの関係が、もっと濃かったら、よりよかったかもしれん。
マクギリスが勝ったからといって、こういう世界にはならなかっただろうけど、マクギリスが戦った意味はあったのかな。

ガエリオが、きっちりジュリエッタを射止めて勝ち組に。
妹は出てこなかったな。
タカキが立派になってて、今後、議員を見据えてるみたいだし、クーデリアとの関係が、エロスの匂いを感じていい。

目の前でオルガを失ったライドは、鉄華団を離れ、その原因を作ったノブリス・ゴルドンを暗殺。
メリビットさんに抱きしめられたのは、なんだったんだと思うけど、嫌いではない展開。
そのメリビットさんは、幸せそうで何より。
最後の最後まで、油断できないのは、鉄血のいいところかも。

・ビーム兵器を廃することで、鈍器で殴り合う、ケンカみたいな戦闘が目立った今作。
ガンダムを見てると、戦艦をぽんぽん壊して、お金大丈夫なんだろうかと、どうでもいい心配をしてましたが、かといって全然、壊れないのも問題ですね。
最終話の三日月みたいに、一撃で仕留めていく爽快さも、ロボットものには必要だ。
動きは、手を抜くことなくかっこよかったので、次のガンダムも期待。

暗黒女子【映画】
黒いマリみてといった雰囲気に惹かれて、清水富美加さん主演の映画を見てきました。
舞台は、ミッション系のお嬢さま学校。
その中の、文学サークルのメンバー6人と顧問1人が、主な登場人物。
清水富美加さん演じる澄川小百合は、サークルの部長であり親友の白石いつみが、飛び降り自殺をしたことで、部長の座を引き継ぐことに。
自作の小説を発表し合う定例会にて、いつみの死を題材にした話を部員たちに朗読させることで、真相を探ろうとする。

期待したとおり、雰囲気がすごくよかったです。
話も楽しめました。
こういう話は、お嬢さま女子校だから許されるし、そこに不思議な魅力を感じてしまいます。

↓なんと、冒頭13分を公式が公開されてますw
導入が、特に引き込まれるので、見てもらいたい。
しかし、こんなことしてるってことは、人が入ってないんだろうなw
清水富美加さんの笑顔が、終始怪しくて素敵でした。





●拍手レス
>>惜しいなぁネトゲ嫁のキャラボテ腹になってもポーチ付けてればスゴイ良かった

ベルトのあおりをくらいました。

>>2日のラクガキの女子高生(推定)の右隣の男は触手ちんちんサン?
いきなりこの後ちんちんの擬態解いて絡め取って挿入?
あとこの娘のボテは無いのです?


特に意識してないけど、不適な笑みがそれっぽいですね。
ちんこを擬態しはじめたら、世間にばれることはなさそう。

2017-04-02-24:08
「今日から私が、木の葉の里を治める、五代目火影だ!」

●NARUTO 木の葉崩し編〜綱手捜索編
原作は、このあたりが、一番はまってました。
綱手、好きだったなー。
アニメも面白いんですが、たまにジャンプアニメらしい引き延ばしを感じて笑う。



2017-04-01-21:46
「なんで笑ったりできるの!? それが何のためか自分で分かってないのに…私はそっちに…普通になんかなりたくないよ」

●CHAOS;CHILD 最終話
佐久間を倒して、世莉架が犯した罪を背負い、世莉架の記憶を書き換え普通の女の子にして終了。
怒濤の勢いで詰め込んでたけど、要所要所は、盛り上がったのでよし。

TRUEルートが、製作決定ぽいので、楽しみ。
ノベルゲーは、地の文から感情移入して引き込まれたり、アニメで端折られた部分にこそキャラを好きになるような要素が、含まれたりするので、どうしたって1クールは無茶ですね。
アニメ効果で、ゲームが売れてるといいな。

●ACCA13区監察課 全12話
オノナツメさん原作のアニメ。
13区ある地方自治制の王国で、王位継承が近づく中、主人公のジーンは、監察課の人間として地方を巡っていく。
スタイリッシュさを感じるCMを見て、録画していたものをようやく視聴。
クーデターやら不穏な計画が囁かれつつも、終わってみれば、綺麗に解決しての大団円。
ジーンの超然とした雰囲気と、巡回した区民たちの空気を考えると、派手にことが起こるよりも、満足いく終わり方でした。

ジーンの妹のロッタが、すごく可愛い。
多方面にモテてて、結果的にそれも、大団円に一役買ってるのに笑う。
いいアニメでした。




お知らせ
2017-04-18-23:48
※18禁



2017-04-07-23:01
※18禁



2017-04-02-22:16
※18禁



2017-03-14-20:45
※18禁



2017-02-10-20:26
※18禁出産追加



2017-02-07-19:08




2017-01-05-23:04
※18禁



2016-12-29-22:03
※18禁



2016-12-28-25:23
※18禁



2016-12-14-09:15
※18禁



2016-12-02-10:50
※18禁



2016-11-22-28:43
※18禁



2016-11-13-18:09
※18禁



2016-10-29-21:33
※18禁



2016-10-08-13:46
※18禁


2016-09-12-18:32
※18禁


2016-08-27-24:24
※18禁


2016-07-20-21:42
※18禁


2016-06-22-18:35
※18禁


2016-06-16-20:22
※18禁


2016-06-11-20:51
※18禁


2016-06-03-21:38
※18禁


2016-06-02-19:53
※18禁


2016-05-27-19:53
※18禁


2016-05-21-24:17
※18禁


2016-05-12-22:39
※18禁


2016-04-10-22:45
※18禁


2016-04-06-06:11
※18禁


2016-03-16-20:06
※18禁


2016-03-14-18:31
※18禁


2016-02-25-20:39
※18禁


2016-02-17-26:19
※18禁


2016-01-24-25:39
※18禁


2016-01-16-23:19
※18禁


2016-01-14-05:29
※18禁


2016-01-06-22:12
※18禁


更新履歴

●管理人/シンヤ
●お仕事・リンク報告等に。
shinirikugou@sunny.ocn.ne.jp
●今、見ているアニメ
サクラクエスト
ロクでなし魔術講師と禁忌教典
神撃のバハムート VIRGIN SOUL
Re:CREATORS
武装少女マキャベリズム
フレームアームズガール
テイルズ オブ ゼスティリア
●好きなアニメ
SHIROBAKO
ラブライブ!
氷菓
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
.hack//Quantum
境界線上のホライゾン
ストライクウィッチーズ
真・恋姫†無双
空の境界
バスカッシュ!
咲-Saki-
コードギアス
●過去日記
・2017年1〜3月
・2016年10〜12月
・2016年7〜9月
・2016年4〜6月
・2016年1〜3月
・2015年10〜12月
・2015年7〜9月
・2015年4〜6月
・2015年1〜3月
・2014年10〜12月
・2014年7〜9月
・2014年4〜6月
・2014年1〜3月
・2013年10〜12月
・2013年7〜9月
・2013年4〜6月
・2013年1〜3月
・2012年10〜12月
・2012年7〜9月
・2012年4〜6月
・2012年1〜3月
●リンク

適時失策
MALのblog
窓際の席
河邑倉庫
熊汁本家
白紙系
●その他
DL.site
DLsite Mobile
DMM.ADULT
バンダイチャンネル
俺ビュー

☆画像の無断転載禁止☆