6/25 刀使ノ巫女 最終話

隠世の世界で母に再会する2人

可奈美と母とのやり取りは、概ね想像通りでしたが、別れの時にちゃんと気持ちを吐き出せてよかったです。
姫和は、特に母への思いの強さが伝わってくる描写が多く、かがり共々、距離感に戸惑うよう描かれていたので、素直に胸に飛び込む姿に泣いちゃう。
母同士の再会も、よかったです。
タギツヒメも孤独を紛らわす相手が見つかってWin-Winですね(軽い)

現世の面々

可奈美に憧れてた内里ちゃんが、リハビリしてるとこは、泣けます。
寿々花が乙女すぎて、真希さんはもう男でいい気がします。
高津学長が夜見の刀を奪われなくて泣いてるのにもらい泣きする。
でも、あまり依存されても困るので、いい人を見つけてもらいたい。
ゲームのキャラもちらっと出てましたね。
美炎のビジュアル好き。

可奈美

可奈美のバトルマニアっぷりの印象が強く残った作品でした。
その個性が、話の流れがベタなもののときでも独特の面白みを加えていて、いい主人公だったなと思います。
個人的に、覚醒姫和を圧倒するシーンで可奈美の凄みを1番感じましたね。

2クールある贅沢さ

2クールあると、物語の拡がり方が違いますねー。
キャラへの愛着も高まるし、1つの大きな事件を経て成長した姿で、もう一つ物語を描けたりと、作り手側ができることが多いですよね。
1クールを2回やるより、作画が崩れても一気に作ってくれた方が個人的には嬉しいです。
この時代に、オリジナルで2クールっていうのは贅沢だけど、シリアスのストーリーものは、これが標準だといいですね。

2クールでオリジナルものって最近みたかなー、と探ってみると、現在進行形でダリフラがあった。
宇宙人襲来でざわついたようですが、特に問題はないように思います。
失敗した2クールものだと、Re:CREATORSが浮かんだ。
主人公が活躍しない作品は、見てて空しいですね。
説教臭さがストレートだったのも原因かな。
作画がすごくいいだけに、ガチで悲しい作品でした。
2クールアニメの成功が続かないと、増えるの難しいだろうし、アニメ作る人達には頑張ってもらいたい。

ころあずの新曲PV、RESOLVE

バキのEDのようです。
EDなのにテンション高くてかっこいい。

・拍手レス

>>【刀使ノ巫女】姫和「可奈美に伝えたいことがあるんだ」
良い…


直球でいいですね。

6/24 HUGっと!プリキュア 21話

空回るえみる

プリキュアになったことで、使命感や理想が前に出すぎて、無力さを痛感するえみる。
しかし周りからアドバイスをもらい迷いを捨てる。
ギターを壊されたのは、衝撃の展開でした。
えみるに憧れて子供がギターをねだるよりも、おもちゃを買わせようとする策略なのだとしたら、かなりの策士ですね。

はぐたんを抱えてハリーと行動するほまれ

最近、なんなんだこの2人。
実は隠れて付き合ってるという大人の展開なのか。
意図的に入れてると思うので、ガチで恋愛展開きてほしいです。

初代プリキュア、ブラックとホワイトが登場!

というネタバレを起きて早々に見てしまい、サプライズ感を味わえませんでした。
あまりまとめサイトを見るもんじゃないね。
初代は二次創作でお世話になったことがあるくらいであれなんですが、さすがにレジェンド感あります。
次回、ワクワクせざるをえない。

ペルソナ5 12話

金城撃破

真も吹っ切れて、姉や校長と臆せず会話できるようになる。
ダンジョン攻略は、アニメにすると滑稽ですが、事件後の事後処理は、前向きな面が見られてよいです。
敵の存在も確認され、今後の展開が楽しみになってきました。

6/23 Lostorage conflated WIXOSS 最終話

大団円!

レイラがカーニバルを殴ったとこ笑った。
あきらっきーの傷も癒え、メロンに転生。
あの様子なら心配なさそうですね。

るぅ子たちの話しか知らない状態での視聴でしたが、楽しめました。
別作品の主人公が出会い、力を合わせる展開は、どうしたってテンション上がりますね。
普通にWIXOSSを楽しめる世界になってめでたしです。

ボードゲーム

軽ゲーマンになってしまった

重ゲーは、長期で戦うゲームのため、友人を付き合わせるのには向かない。
そのことに、ボドゲを始めて5年以上経ってから気付いてしまう。
ということで、軽ゲーに手を出し始めました。
開始1分で、ゲームの肝の部分を味わえるし、決着も早いため、何度も遊べるのもポイント。

コードネーム・デュエット

コードネームという名作ゲームの2人版。
単語が書かれた25枚のカードを5×5に並べる。
ヒントを出す側と回答側を交互にプレイして、お目当てのカードを当ててもらうゲーム。
ヒント側は、当ててもらいたいカードについてヒントを出す。
一気に複数枚当ててもらえるようなうまいヒントを出して、それを当ててもらうのが気持ちいい。
ただし、選ぶと即ゲームに敗北するカードが3箇所もあるため、それが選ばれないようにヒントをださなくてはいけない。

人気作だけあって、面白いです。
やはり名作は名作なんだな、と感じた作品でした。
お薦めです。
ニコボド

イリュージョン

カードに描かれた指定された色の割合で、大きい順に並べていくゲーム。
カードに4色の様々な図形が描かれている。
ゲーム開始時、矢印カードを1枚公開すると、色が1色決定される。
山札のカードを矢印の横に1枚置いてスタート。
手番プレーヤーは、次の山札のカードの指定された色が、既に置かれたカードより、割合が多いか低いかを考え昇順で配置する。
次のプレーヤーも同じ。
これは昇順になってない、と思ったら自分の手番でダウトを宣言。
カードをめくって割合をチェックしていく。

これも面白かったです。
微妙なやつをダウトしたら、全く同じ%で宣言失敗したり、一筋縄ではいきませんでした。
カードの%をなんとなくでも記憶していくと、いずれゲームにならなくなりそうなのが、少し気になりますが、いいゲーム。

移動ボードゲームおじさん うりおのボードゲーム日記

ツインイット

奇妙な絵柄の絵合わせゲーム。
各自同じくらいの山札を持ち、手番になったら、山札の一番上を裏返して場に出す。
同じカードが、場かプレーヤーの山札にあったら、両方をタッチしてゲットできる。
5セット獲得したら勝ち。

絵柄がアーティスティックで、似たようなものが多く、惑わせてきます。
最近、発売されたゲームで、缶パッケージというのもおしゃれ。
2人でも楽しめましたが、多人数の方が楽しめるゲームかと思われます。

移動ボードゲームおじさん うりおのボードゲーム日記

パレード

ボドゲ会でたまに出会う人が作ったゲームで、海外で出版された版が日本語版となって発売されている。
取ったカード全部マイナス点という中々恐ろしいゲーム。
大量にマイナス点を取らざるを得ない状況が発生して阿鼻叫喚だったりと、いい苦しさでした。
かなり好きです。

Board game every day

呪われたクリーチャー

システムが雑、ふわっとしている、等の評価と共に、それでもやってしまうという協力ゲーム。
実際、この評価は妥当で、かなり雑なゲームでした。

魔物カード40枚(1〜40)と、その魔物カードを倒すための武器カード40枚(1〜40)を混ぜて山札を作る。
手番では、カードを引いたあと手札の武器カードを使ってモンスターを倒す。
カードを引いて、モンスターが出たら場に並べ、武器の場合は手札にする。
モンスターを倒すには、同値以上の武器カードをぶつける必要がある(複数枚で足して使用可能)。
山札が尽きたら最後の一回やって終わり。

雑と言われる部分は2点あって、運が悪いとモンスターを連続で引き続けてしまう部分。
場に並んだモンスターは6体になると、一番強い奴が強制的に攻撃を仕掛けてくる。
手持ちのカードで対処できないときはライフを削ることで対処できます。
しかし、一旦山札に追い返すだけで、いずれ再びやってくるというのが2点目です。
6体にならなくても連番が並んでしまうと、攻撃を仕掛けてきます。

運が悪いと、ほんとにあっさりゲームが終わってしまうゲームでした。
3回やって、最後の1回はゲームらしい展開になり、ギリギリクリアすることができました。
とにかく一度クリアするまでは、挑戦したくなるゲームではありました。
2回目は、どうだろうw

ニコボド

・拍手レス

>>進化形Colors買ったけど良い曲だコレ…

このタイミングでということは、最終話のいいところで流れるとみた。
本渡さん、歌うのうまいですよね。

6/22 こみっくがーるず 最終話

かおす母が美人!

ラストピリオド 11話

つづく!

リーザの親指の手品(?)、小さいころ好きでした。

・拍手レス

>>今回のボテ乳首のクオリティ高いっすね(感嘆

ありがとうございます。
人それぞれ好みがありますねー。

空の軌跡FC 実況視聴終了

懐かしい面々

メイベル市長が好きだったことは覚えていましたが、カノーネ大尉のことを完全に忘れてましたw
ああいうヒステリックな美人BBAは、なぜか好きですね。

遊撃士たちでは、アガットのことは閃の軌跡3で出ていたので覚えていましたが、あのもみあげさは忘れてた。
共和国の遊撃士のジンも、存在を忘れてて、登場したときすごく懐かしかったです。
モブ遊撃士たちやナイアルたちも同様でした。
最後にカシウスが助けに来てくれたのだけは、強く残ってた。

シナリオ

エステルの遊撃士としての成長と、ヨシュアに対する恋心が、丁寧に描かれていて、改めていい話でした。
全体の事件の流れが比較的シンプルなのも、いい作用をもたらしている。
あと恋愛要素から逃げずに描いてるのが、新鮮でした。
最近見てるアニメだと、意図的に省かれてるものが多い気がするし。
シリアス作品の場合、恋愛要素はある方が自然な気がします。

SC

PC版のPS nowの無料体験でやってみました。
しかし、回線が不安定になり、最初のダンジョンのボス戦で、接続が切れて終了。
回線切れます、と予告してくれるのですが、30秒ではどうしようもなかったです。
PS4が安定なのかな。

6/21 シュタインズゲート0 11話

ひとまずエンディング?

タイムマシンの理論が眠ってるかもしれない紅莉栖のPC。
アメリカが確保しようとしてロシアに破壊されたってことは、ロシアがタイムマシン技術を独占したということでいいのかな。
この騒動で真帆と仲良くなったオカリンは、真帆ルートを迎える。
次回は、がっつり時間が進んでしまうのかな。
放置されたかがりが気になるので、そこの掘り下げに期待です。

・拍手レス

>>馬主ってまぁリタイア組はカネは余ってるし時間も余ってるからバカが暴発して馬主相手に同人送ろうモンならなんでかんやで弁護士山ほど連れて来てツブすだろうしなぁ致し方なしだわな

多少、実名馬ということが気になってたので(呼びづらいし)、しゃーなしですね。
マキバオーみたいなオリジナルだったら、よかったんですけど。

>>今頃になってアニメの評判聞いて掌が翻った馬主も居るらしいななんだが

自分の馬を知ってもらいたいという欲求が、馬主さんにあるんでしょうね。
勝てる馬は、勝手に有名になるだろうし、勝てない馬は応援されなくて悲しいのかもしれない。

>>なんか最近の絵見てると妊娠による乳房の肥大化と乳首と乳輪の褐色化およびブツブツの描写がやったらリアルになって来てる気がする…

確かに、昨日更新分は、その傾向が強かったですね。
そういうテンションだった気がします。

6/20 あまんちゅ!〜あどばんす〜 11話

山焼、なんか凄い行事

妹の友人が登場。
てこが、後輩から憧れられる存在になるというところに成長を感じます。
自信を持ってると自然と人を惹きつけるんでしょうね。
原作でも、同じ事を思った記憶があります。

雑記

空の軌跡FCの実況を視聴中

閃の軌跡Wが発売される前に、予習しておきたい。
PS NOWでもできるので、SCはそれでやってみるのもいいかと考え中。

6/19 刀使ノ巫女 23話

タギツヒメとのバトル

迅移でどんどん深く潜っていきつつ、仲間が脱落していくのが熱い。
舞衣の居合は、やっぱかっこいいですね。
沙耶香ちゃん、3強として扱ってもらったと思ったら、姫和に置いていかれ、活躍が減らされたw
可奈美は、通常運転。
最終的に、可奈美母とタギツヒメが一緒に楽しく暮らしそう。

高津学長

夜見が死亡し、遺体を弔う高津学長。
駆けつけてきた親衛隊2人がそれを見て、そんなことされたらあなたを斬れないと声を荒げるのがいい。
そこから離れようとしない高津学長が泣ける。
でも生きないとね。

6/18 ウマ娘 プリティダービー 最終話

ようやく走りを見せるウマ娘たち

名のあるウマ娘たちが勢揃いしたレースは、熱かったです!
一緒にゴールする、というネタバレを見てしまい、言葉通りだったらどうしようと、視聴中不安でいっぱいでした。
勝とうする意思がちゃんとあり、全力で走った結果だったのでよかったです。
なんとなくウイニングライブは、元々全員で歌う予定だったんじゃなかろうかという疑いがあるので、きちんと決着はついたんじゃないかとも思うんだけど、そこはどうでもいいか。

感想という名の

こういうラストをやるのであれば、2クールかけて、チームスピカとリギルの面々を丁寧に掘り下げてほしかった、というのが正直な、切実な願いです。
キングヘイローの方が、必死に走る姿を見る機会が多かった気がします。
漫画版では掘り下げられているし、Cygamesが本来やりたい方向性とは、少し違ったアニメ化だったんでしょうかね。
史実を再現してたのは、競馬ファンも取り込もうとしてたのかな。
ゲーム版では、スペ育成がメインになったりはしないでしょうから、どういったシナリオになるのか見ものです。
いつ配信されるのか分かりませんがw、そのときはプレイしようと思っています。

好きなウマ娘

トウカイテイオー、シンボリルドルフ、グラスワンダーがお気に入りです。
最終話で、テイオーと会長のやり取りや一緒に走ってるところが見られたのは嬉しかったです。
この二人の話がもっと見たいです。
会長に突き放されて、成長する回とか、そういうベタなのが見たい。
グラスは、スペとの戦いの印象が強く、最終話でもスペに勝ってたり、アニメ化されたウマ娘の中では、一際印象が強くてかっこいい子でした。

そういえば、ハルウララは、ああいう立ち位置だったので、なにか波乱を起こすのかと思ってましたが、何もなかったですねw
やっぱ、尺足りないよなー。
全キャラ、真剣なレースが1回は見たくてたまらん世界観でした。
すごく世界観に魅せられてるので、とにかくコンテンツ量がほしいところです。
BDを買って応援するのがいいんだろうけど、グラブルの応援になってるぽいのがちょっとw
とりあえず今後の展開に注目していきたいです。

テイルズ!

新作が開発中らしい

誰がキャラデザになるのか楽しみです。
ワールドマップもあるといいな。
あれがあるのとないのとでは、世界の広さが違います。

レジェンディアがリメイクされるのでは、と言われてたけどそっちはどうなったんだろう。
戦闘以外は、名作だったので、改めてやりたいです。

6/17 HUGっと!プリキュア 20話

一人で立ち向かうキュアエール

それぞれの道で頑張るさあやとほまれを支える姿がかっこいい。

キュアアムールとキュアマシェリ

変身シーンは、さすがの一言。
マシェリのルージュが引かれるところがたまらん。
その後の作画は、イマイチだったけども、これからの活躍に期待です。

えみる兄とアンリの関係いいですね┌(┌^o^)┐

ハリーの持ってる情報を聞き出そうとするほまれ

この二人のフラグが立ってるようでニヤニヤします。

ペルソナ5 11話

世紀末覇者先輩、爆誕!!

明智や冴さんに色々言われ、主人公たちにも邪険にされ、感情的に動きとっ捕まるという。
今回のターゲットは、現実で一番関わり合いになりたくない相手ですね。
渋谷、怖いとこ。
真の状況って、メンタル弱いと、屋上から飛び降りそうな追い詰められ方してますね。
家でも学校でも気の休まるところがないし、覚醒したとき、解放された!って強く感じました。

6/16 Lostorage conflated WIXOSS 11話

主人公サイドの反撃でバトルは完全勝利

すず子にうまく負けさせて、主役3人を立てたバトルでした。
今作の主人公ポジの清衣が、白窓の部屋へと出向き、最後の対話を始める。
完全にラストな流れで、どういう結末になるのか楽しみ。

6/15 ラストピリオド 10話

別ゲーへと出張する面々

こういうコラボ、馬鹿馬鹿しくて好きです。
リーザが、つつかれるところがエロい。
つつかれると反応するシステムって、よく考えなくても変態的ですね。
慣れちゃってるなー。

刀使ノ巫女 22話

夜見と高津学長

いやー、これは泣きますね。
高津学長が、ちゃんと夜見の気持ちを感じ取ってくれてよかった。

・SS

>>【とじみこ】舞衣「可奈美ちゃんと結芽ちゃんが同棲!?」

対抗馬ですらない姫和の扱いよ。
結芽は、2期にになっても出てきたりせず、きちんと死んでいるのが切なくもいいですね。

6/14 ウマ娘 12話

対ブロワイエ戦

わりとあっさり決まったー。
ウマのレースということもあってか、戦術がざっくりしますね。
因縁もエルが悔し泣きしてたのを聞いたくらいで、特にないし、盛り上がり所が難しい対戦カードだった。
ブロワイエのネタ元は、4着だったとかで、環境が変わるときついんでしょうかね。

「調子に乗んな」には笑いました。
最終話、どういう未来が待ってるのか楽しみです。
ていうかゲームはよ。

シュタインズゲート0 10話

真帆とデート

力になってくれそうだけど、第三次世界大戦というワードを放って信じてくれるんだろうか。

6/13 ゲーム

新作の情報が大量に公開された!

E3やニンテンドーダイレクトなどで新作情報が公開された。
うおぉ、意外とやりたいものがなかった。
女の子が可愛いゲームもほしいです。
ドラクエビルダーズ2と閃の軌跡Wは購入予定。

キングダムハーツ3

ようやくですね、楽しみです。

SEKIRO:SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE

フロム・ソフトウェアとActivisionが組んだ和風死にゲー。
扉の開き方が、ソウルシリーズのまんまw
ボス戦のリトライがすぐできるようになったらしく、個人的には嬉しい。
ぐちょぬるステージがないともっと嬉しい。

DAEMON X MACHINA

フロムソフトウェアの元プロデューサーが関わってるロボゲーム。
動きを見るにANUBISとACの中間くらいかな。
背景グラフィックが、ちょっと微妙。
落ちてる剣を拾って攻撃してたのは、かっこいい。
コザキユースケさんキャラデザということで、シナリオもある内容になりそうですね。
たまにはアニメっぽいロボゲーをやりたい。

CMを見て気になってたNewガンダムブレイカーの体験版をプレイ!

シナリオモード

主人公は、ガンプラの学園に転校してバトルをしながら女の子達と交流して学園生活を送っていく。
女の子達は、むっちりしていて腰の位置が高めです。
生徒会の権限が強く幅を利かせているという内容で、2話しか遊べないため、可もなく不可もなくといった内容。
気になったのが、ノベル部分にて、セリフ送りでボタン連打してると、選択肢の一番上を決定してしまう、ということが起きること。
美少女ゲーはこの点においては、しっかりしてますね。

ゲーム部分

3on3がメイン。
敵を倒すのが目的ではなくて、クエスト目標がいろいろ出るので、それをクリアして☆を獲得して勝敗を付ける。
雑魚敵を倒せだとか、コンテナを破壊しろといったものから、勿論、相手を倒せというものもある。
倒されても、復帰するので脱落することはない。

ロックオンや視点切り替えがひどく不便で、初見でかなりイライラさせられました。
何戦かやってると慣れてきますが、接近して乱戦になると、誰を殴ろうとしてるのか全然分かりません。
妙に遠い敵をロックすることが多く、近くの敵を殴ろうしたら、遠い敵に向かって届かない近接を振るということが、かなりあります。
適切に距離を取って、ちまちま戦う方が地味だけど戦いやすい。
ブースト移動、ジャンプ、全ての反応が悪いです(特にジャンプ)。

パーツの入手方法とパーツアウト

戦闘中、パーツを5個まで拾うことができて、その場でパーツの換装も可能。
パーツは、戦闘中に簡単に壊れてしまうので、壊れた状態でその部位のパーツを拾うと、自動で装着される。
ほしいパーツを持ってる相手を見つけたら、倒してゲットすることもできる。
ステージ終了時までに、装着しているパーツと、5個のアイテム欄に保持したパーツはゲットできる。
もしくは、保持したアイテムをフィールドにあるコンテナに放り込めれば、安全にゲットできる。

Twitterで評判を検索すると不評の嵐

このタイミングで体験版を出してしまったのは、かなりの痛手を被りそうです。
操作面以外でも、敵を倒す爽快感が皆無だったり、折角アセンブルしたパーツがすぐ壊れたりと、従来の仕様から変わりすぎたようですね。
パーツ壊されてインナーフレーム剥きだしの姿は、滑稽で面白いし、新しいパーツにその場で換装すること自体はいいと思います。
ただ、折角のネット対戦だから、みんなに自分の組み立てたガンプラを見てもらいたい、という願望が多少なりともあると思うのですが、それが壊れやすいというのは、かなり悲しいでしょうね。

あとゲームをプレイしてて、自分の脳内で作戦を組み立てられないんですよね。
良質な対戦ゲーだと、脳内で短期の目標や計画を立てて動くと思うんですが、それがなくて、ドタバタと戦うか、パーツを求めて動き回る、といった動きになってしまってました。
アニメみたいに戦うだけでなくレース等もあればいいのにな、と思うし、マリオパーティならぬガンダムパーティというゲームがあってもよさそうです。

6/12 ビルドダイバーズ 11話

ほぼアヤメさんの語り

楽しくプレイしてたギルドが、上を目指すことだけを目標にすると、崩壊しそうですね。
上位は、どうしてもゲームセンスが問われるだろうし。
ギルメンを増やすことで、ギルマスの精神的負担が増えていくのもあるあるぽいね。
リアルの大手ギルマスは、どういう気持ちでやってるんだろう。

アヤメさんが、ソロプレイのときに勧誘されたところは、なんかじーんとします。
アヤメさんが純粋にゲームを楽しんでいるからかな。
自分が、ぼっちプレイになっちゃうから、憧れもあるのかもしれない。
自分は、ギルドに入ったり、知らない人とフレンドになると、圧迫感を感じちゃって、インしづらくなる。
さらに飽きっぽいし、不要なギルメン1位だな。
新たな楽しみ方を模索すればいいんだろうにね。

雑記

釣りキチ三平/矢口高雄

アニメでパロディされることが多い作品というイメージ。
たまたま原作のイラストを見たら、めっちゃうまかったので、文庫版を買ってみました。
単行本の時系列順に収録されているわけでなく、1巻はアユ釣り、2巻はイワナ釣りといった形でまとめられている。
描き下ろされている部分もあり、連載初期との作画の差はあるのだけど、見せ方がうまく、内容も面白いです。
釣りをやってる人なら、より興味深く読めるんでしょうね。

・SS

>>【刀使ノ巫女】 紫「新しいS装備のデザインを考える」

S装備は、満場一致でださいですよね。
ださかっこいいとも言ってあげられなかった。

>>【モバマス】渋谷凛「梅雨のおかげ」
変わった距離感だな


しっとりしてていいですね。

6/11 昨日はボドゲ会に行ってきました

クロノス

力・信仰・理性の3つの時代を行き来して、建物を建築し、エリアを制しお金を稼ぐゲームゲーム。
ゲームボードには、同じマップが3つ描かれているのが特徴。
力の時代に建物を建てると、信仰・理性の時代の同じ場所に建物タイルが配置される。
しかし、理性の時代では、建物は廃墟と化している。
理性の時代に直接、建築できないため、理性の時代へと飛んでそれを修復しないといけない。
信仰の時代に建てた場合は、理性の時代のみ配置される。
この場合、もし力の時代に同じ位置に別の建物を配置されると、タイムパラドックスが発生し、未来の建物が壊されてしまう。
力の時代は軍事建物、信仰の時代は宗教建物、理性の時代には街に自分の民をどれだけ送り込むかで、収入が決まる。
相手に得をさせないために、決算前にはそういった駆け引きが起こる。

あまりネットに情報がないのですが、面白いゲームでした。
発想がいいですね。
コストの低い1マス建物タイルは、未来に波及しないので、力の時代に比べると理性の時代は、マップがすっきりとしてるのが、時代の変化を感じてワクワクしました。
3つの時代のどのエリアを制するか考えながらプレイするいいゲームです。

とりあえず日々ボードゲーム

Drop it

1個ずつ積み木を落として得点を重ねていく、落ち物パズルゲーム。
高い位置に落とすと得点が上がる。
同じ形、同じ色、同じ色の壁に触れると得点が得られない。
やることは、見たままのゲームですが、0点の縛りが効いていて面白いです。
持ち主が、こんなに盛り上がるゲームだったんだ、と言ってましたが、一喜一憂できない人が集まるとダメなのは分かる。

ブリュークラフターズ

ビールを造るワーカープレイスメントゲーム。
麦、ポップ、イースト、珈琲、果実、香辛料といった材料を集め、9種類あるレシピの中からビールを作っていく。
個人ボードには基本的な設備があり、アップグレードや新たな設備の増築が可能。
また特殊能力を持った人物を雇用することもできる。
そうすると毎冬支払う給料が上がっていくので、見極めを失敗すると借金するはめになる。
お金のやりくりがシビアで、常にカツカツなのが苦しくも楽しい。
最も勝利点を稼いだ人の勝ち。

労働者駒を配置してアクションを行う典型的なワカプレ。
ビールを作ってると感じられる内容で楽しめました。
うまくゲームと設定がリンクしてると、いいですね。
ちょっと前にたまたまやってたビールイベント、なにか買ってみればよかったな。

ある元心理カウンセラーのボードゲーム日記
醸造ボドゲ ブリュークラフターズ(BREW CRAFTERS) リプレイ

ガンシュンクレバー

6色のダイスを転がして出目を選び、自分の紙にチェックを付けて得点を稼ぐゲーム。
手番プレイヤーはダイスを転がした中から最終的に3つを選んで、それを用いて紙に書き込む。
黄ダイスだったら、黄色の枠の中の同じ数値にチェックといった形。
他のプレイヤーは、余った3つのダイスの内、1つを使って紙に書き込む。
全員が手番を一度終えると、1ラウンド終了、それを規定ラウンド繰り返して得点を争う。

こういった書き込む系のダイスゲーム、地味に好きです。
ゲーセンのビンゴゲームをやってる気分。
気軽に遊べるので、持っておいてもいいかもしれない。

なゆひにボドゲ雑記

6/10 HUGっと!プリキュア 19話

えみる兄

かなり偏った考え方で生きてますね。
両親は適当そうな雰囲気を感じたけどw
おじいちゃんが、厳しいのかな。
えみるだけでなくアンリと衝突してるのは、話の膨らませ方としてよかった。
理解のある友人に成長するといいですね。

次回ついに新プリキュア

ほんとにえみるがプリキュアになるとは。
初登場から期待してましたが、街の人を守るサポート役ならそれはそれで、と思っていました。
いざ確定すると嬉しい。

6/9 Lostorage conflated WIXOSS 10話

白窓の部屋に囚われたたまを解放するユキ

伊緒奈関連の関係性がおぼろげなんですが、声がし始めたときに、ピンとはきました。
あの姿を見ると感動しますね。
初代を思い出そうとすると、結月周りが一番、重いという印象が残ってます。

・拍手レス

>>吉岡ちゃんはケツが良いからな…
プリっとした高さのあるケツ
後背位だとケツの盛り上がりが良く判る
素晴らしいチチも美乳だし看板キャラとして申し分ない


すごい分析されてるw

6/8 漫画版・ウマ娘 1〜3巻/S.濃すぎ

面白い!

導入はアニメと一緒で、地方から出てきて、駅員さんに学園の位置を教えてもらい走って向かう。
少し違うのは、駅員さんが、挫折したウマ娘たちがその駅から地元に帰る姿を何度も見ていて、今現在、笑顔のスペがそうならないか心配してるセリフがあるところ。
シビアな現実を読者に伝えています。
トレーナーさんはおらず、チーム・スピカやリギルは存在しない世界線。
寮単位で、まとまりがある様子。

スズカの立ち位置

スズカとルームメイトになるのは一緒。
すでに一度故障済み。
学園に来たばかりの頃は、ぎらついた性格の一匹狼で、スペが来るまでは、人を寄せ付けないオーラ全開。
ウマ娘と出会ったことのなかったスペが、交流しようと頑張ってることに気付き、少しずつ距離が近づいていく。

トウカイテイオー、ダイワスカーレット、ウォッカ

生徒会長のシンボリルドルフの命令でテイオーが学園の案内をして仲良くなり、以降、一緒にいることが多い。
スカーレットとウォッカは、犬猿の仲で、ケンカしてる二人を見かねて仲裁に入り仲良くなる。
メジロマックイーンが、この話でちらっと登場。
ゴルシは、3巻の最後に、焼きそば売りとして登場。

ウマ娘が好きならおすすめできる内容

漫画版は、レースに比重を置いていないため、個々のエピソードが前に来ていました。
ウマ娘の世界観が好きな人であれば、おすすめできる内容です!

こみっくがーるず 10話

没ネームで焼き芋

自分も落書きを定期的に処分しないといけないなー。
昔の絵の中から、残したいものをスキャナで取り込んで、コンビニプリントで本の形にしようかと考えて、実行しないままでいます。
そうやったとしても、昔のノートを捨てるのに勇気がいりそうです。

・拍手レス

>>初めまして
吉岡ちゃんがとても好きなのですがアニメとかのキャラですか?オリキャラですか


はじめましてー。
吉岡ちゃんは、オリキャラですよー。

6/7 ウマ娘 11話

スズカの復帰戦

最後の直線で、最後尾からごぼう抜きにして1着。
つっかかってきたサンバイザーは、いいかませ犬でした。
負けたあと、スズカを認めて再戦を申し込むところは、素直でいいですね。
中の人が強すぎるけども、Cygames繋がりの起用でしょうか。

ブロワイエが日本ダービーに参戦

まさかラスボスだったとは、OPのチーム・リギルたちはなんだったんだw
エルコンドルパサーが考えた対策を、とりあえず見たのに、自分の力で勝たなくちゃいけないとつき返すスペ。
ブロワイエより格下なんだから、エルが気付いた点だったり学ぶべきところは学んでおいても損はない気がします。
トレーナーさんが顕著だけど、自主性に任せっきりで、視聴者が納得するような指導やアドバイスを一度もしたことがない点は気になってる。
いい人なんだけど、そうなるまでの理由が語られないし、リギルの人とも馴れ合ってるだけになってるのは残念です。

スペとスズカの話だけで終わるぽい

咲-Saki-みたいに、全キャラ活躍する話を期待してたんですが、2期がない限り難しそうですね。
チームを組んだ意味がないまま終わるのが悲しすぎます。
トウカイテイオーはギリギリ分かるけど、メジロマックイーンに至っては、ほんとに謎すぎる加入になってしまってます。
OP見たら、みんなもレースで活躍すると思うし、リギルの面々との熱いライバル争いもあるように見えるので、途中で方向性を変えちゃったんですかね。
レース結果などが史実に沿ってるようだし、それが関係してるのかもしれない。
ひとまずスペの成長を見守って、2期の発表に期待します!

6/7 シュタインズゲート0 9話

戻ってきたβ世界線

まゆしぃのコスプレ仲間フブキも一緒に倒れたようで、世界線変動の影響が薄く残っている。
新型脳炎が増えてるみたいだけど、世界線変動の影響が、いろんな人への脳に影響を与えてるってことかな。
オカリンが感知したのが、屋上とαに移動した2回だけと考えると、海外での実験というより、オカリンが何度も頑張った影響の方が大きいのかね。

久々に萌郁と携帯でやり取り

なんか嬉しい、ほのぼのします。

6/6 あまんちゅ!あどばんす 9話

ピーター編ラスト

最後のまとめ方は好きです。
失恋する姉ちゃん先輩がかわいい。

Lostorage conflated WIXOSS 9話

カーニバルに唆されて主役二人が激突

二人の戦いは見ものですね。

6/5 刀使ノ巫女 21話

龍眼による未来予知を手に入れた姫和

タギツヒメと互角以上に戦い、紫のサポートもあり無事撃破。
力を制御できないながらも雷をまとい戦う姿がかっこいいです。
演出もいい。

覚醒姫和に戦いを挑み圧倒する可奈美

最高にかっこいい主人公です。
それでいて親友のために泣けるとこが、人間味があって熱い。

可奈美や姫和より強くなりたいと言う沙耶香

こういう姿勢も素晴らしい。

ペルソナ5 9話

コメディ回と竜司回

川上先生、いいキャラしてて好きです。
なんだかんだでエロいよね。

雑記

3on3 FreeStyle【PS4】

基本無料のストリートバスケゲーム。
お手軽操作で遊べて、地味に楽しかったです。
アートデザインが、ジェットセットラジオやスプラトゥーンみたいなストリートな雰囲気なのが好きです。
可愛い女の子も何人かいました。
身長にリアリティを持たせてないのもよい。
キャラによって、C、PG、SG、PF、SFときちんと役割があり、それは体格を考慮して割り振ってあります。
センターで、赤木気分を味わえました。

・SS

>>【シュタインズ・ゲート】紅莉栖「既成概念のメタフィクション」

幸せな世界。
あのトークするやつは、話に聞きますけど、絶対に行きたくないです。

>>[刀使ノ巫女SS]可奈美「舞衣ちゃんが沙耶香ちゃんにウェディングドレスを着せてた」

内容的にみんな高校生かと思ってしまうけど、可奈美たちはまだ中学生なんですよね。

>>【刀使ノ巫女】可奈美「私と姫和ちゃんが刀使のイメージアップキャラクターに?」

意外にも姫和が決めた!?

6/4 ミリオンライブ5thライブより無事に帰宅

今回もジェットスターにお世話になりました

晴れ続きだったのでジェットスターが予定通りに飛び、楽しんできました。
成田空港から高速バスに乗って東京駅まで行くのが、まったりしてて好きです。
一度経験してるので、慣れたものです。

Day1

さいたまスーパーアリーナで、新メンバーの香里有佐さんと南早紀さんを擁する1日目。
ぴょんさん、天ちゃん、もちょ、木戸ちゃん、りえしょんなど、期待の膨らむメンバーです。

A3ブロックの5列目

席に着いたとき、舞台がはっきり見える近さで笑いが出ました。
ただ、近い分、前列の人の影響がもろにあって、ステージのセンターが見えないという弊害もありました。
位置的にもステージ左側がメインになってしまいますね。
センターのぴょんさんが最初の挨拶をしてるとき、死角に入っている悲しみ。
それでも、見える範囲では、ある程度表情も分かる近さなので、それだけで感動します。

Eternal Harmony/平山笑美, 雨宮天, 麻倉もも, 阿部里果, 村川梨衣

今回のユニット曲は、珍しい組み合わせのメンバーだと感じました。
MCで曲を歌ったことのない人や、あまり絡んでない人を意図的に一緒にしたそうで、どんな組み合わせでくるのかワクワクできました。
この曲は、終盤にある片足を軸に回るダンスがすごく可愛くて好きです。
アイマスのダンスの振り付けは、曲に合っていてほんとにいいんです。

花ざかりWeekend/4Luxury (香里有佐, 末柄里恵, 平山笑美, 高橋未奈美)

CDが今月末に発売されるゲームのイベント曲。
先行してDL販売されているので、旅立つ前にきちんと購入しておきました。
テンションの上がるすごくいい曲です。
新メンバーの歌織さん役のこーりーがノリノリで歌って踊っていたのを見て、すごく楽しい気持ちになりました。
もう自分の中で馴染んでいると実感した瞬間でした。

Princess Be Ambitious!!/山崎はるか, 郁原ゆう, 原嶋あかり, 伊藤美来, 村川梨衣, 木戸衣吹

タイプ別楽曲の中では、一番好きな曲です。
最初、聞いたときは、可愛すぎる曲だなと思ったんですが、ゲームの譜面が楽しくて曲にはまるという謎の現象が起きて、大好きになりました。

瑠璃色金魚と花菖蒲/南早紀

南早紀さんの歌唱力も素晴らしく、力強く伸びのある声でした。
スタイルもいいし、今後のライブも楽しみです。

りえしょんのMC

毎回、面白い空気を作るのがうますぎると感心します。
一言発するだけで、これから面白いことを言う期待感が増していくし、それを裏切らないんですよね。
どういう技術なんだ。

木戸ちゃんのポニテが素晴らしい

髪型を合わせてくるかなと思っていたらポニテで登場。
2014年のSSAに合わせたポニテ姿でした。
当時、曲中に泣いてしまったこともあり、その件を意識した意気込みを感じられました。

Day2

限定CDゲットならず

アイマスライブでは、毎度限定CD(ユニット曲のソロバージョンなどが収録)が販売されます。
今回は頑張ってゲットしてみようと物販開始時間に会場に着きました。
結構な列になっていて、もしかすると売り切れるかもとアナウンスがされてました。
それでもいいかと並んだのですが、早い段階でお腹を壊す予兆を感じ、駅まで戻りました。
とりあえずは復調したものの、同じことになってもあれなので、素直にホテルへと戻ることに。
トイレに千円の交通費をかけただけに終わりましたよ。
CDは通販が1回だけあるはずなので、それに備えます。

御徒町のTOHOシネマズ上野でライブビューイング

パンダ広場というワクワクするネーミングの場所を目印にしていたのですが、隅っこに小さなパンダがあるだけの小さな広場で、テンション下がりましたw
もっとパンダパンダしてると思ったのに。

ころあず、うえしゃま、Machico、種ちゃんなどが楽しみな2日目。

Only One Second/駒形友梨

今月ソロデビューするべーせんの曲。
紗代子の熱血さが存分に感じられるパワフルな楽曲で、めっちゃ盛り上がりました。

大阪のおばちゃんが乱入

大阪出身の奈緒の曲で、自転車に乗った大阪のおばちゃんがステージに出てくるという演出があり、目を疑いましたw

スポーツ!スポーツ!スポーツ!/上田麗奈

カロリー消費の高い曲で、ライブで聞くとまた熱気が凄いです。
髪型がショートになってから初めてライブで見ましたが、死ぬほど可愛かったです。
キャラ的には、長い方が合ってるのだけど、もうどっちがいいのか分からない。

昏き星、遠い月/夜想令嬢(小岩井ことり、藤井ゆきよ、野村香菜子、山口立花子)

演劇を取り入れた楽曲。
セリフが入る度に、すごくゾクゾクします。
ゆきよさんのセリフパートは、どの曲でも毎回、胸にきますね。

ロケットスター☆/Machico

ストレートに盛り上がる楽曲。
髪色を4月から赤く染めていましたが、ライブ合わせで翼に合わせた金髪に。
似合っていてすごく可愛かったです。

種ちゃん復帰で5人揃った灼熱少女!!

4thでは、悲愴感すらあったジレハでしたが、今回はゆきよさんが笑顔で歌っていたのが印象的でした。
皆揃ってるのが、素直に嬉しいです。
種ちゃんは、ほっそりして美人度がさらに増してました。

感想

熱中してたせいか、感想を書こうと思っても、気持ちだけ溢れてきて言語化できないものですね。
でも、ほんとに楽しい2日間でした。
名刺を作って渡すことができたので、少しアイマスP度が増した気がします。
ちなみに最低ロットが100枚からだったので、100枚刷りましたが、予備が50枚くらいありましたw

6thライブはツアーになるとのことで、福岡があることを願って続報を待ちたいと思います。
39人もいるので、2日でやるには、人が多すぎて個々の出番が少なくなっちゃう。
だからツアーでやってくれるのを内心待ってました。
LVメインになるでしょうが、全部見る勢いです!

いきなりステーキ

ホテルの前にお店があったので、初めて入ってみました。
注文したらすぐにお肉がドドン!と出てくるのかと思ってました。
自分で厨房の前まで注文しに行って、目の前で肉を切ってもらう。
席に戻り普通に焼くくらいの時間を待つことになる。
レアなリブロース美味しかったです。
色々調味料があったので、自分でうまく調整して味を変えたりしてもよかったのかな。
機会があれば、もう一度行ってみようと思います。

6/2 ミリオンライブ!5thライブのために東京に行ってきます!

月曜に帰ってきますー

SS

>>【ゆるキャン△】リン「シンデレラ?」

ほうとう食べたい。

>>【シュタゲ】岡部「紅莉栖と結婚したい」ダル「!?」

これは爆発案件。
この2人は、こういう形で伝えないと進展しそうにないですねー。

6/1 こみっくがーるず 9話

翼ちゃん呼び

ネーム作業が進まないのためお出かけパート。
小夢が翼さん呼びから翼ちゃん呼びに変わったのが、地味に好きでした。
一回のみだったのが残念。
昔の翼さん、可愛かったです。

原稿紛失

盗んだとは思ってないけど、絶対、先生が持ってると思ってたw
先生の過去原稿が見つかるとは。
そこをもっと追求してほしい!

・SS

>>【シュタインズ・ゲート】紅莉栖「髪を切った」

平和な世界線だー。
ショート紅莉栖、イマイチ想像がつかないが、Hukeさんならいい具合に切りそろえてくれそう。

5/31 シュタインズゲート0 8話

紅莉栖が生きててまゆりが死んだ世界線

本編がの流れがおぼろげだけど、今回の話が、本編に影響をおよぼしてたって話なのかな。
ドラマティックでした。
紅莉栖もダルも時間が経ってるだけあって、受け止めながら生きようとしてる感じが見て取れますね。
バッドエンドのその後も、ある意味で正しい未来ですよね。
結果を受け止めて生きるしかない普通の世界だ。

刀使ノ巫女 20話

姫和、イチキシマヒメを受け入れパワーアップ!!

迷いがあると可奈美や他のメンバーに見抜かれていた姫和。
一度は倒すことを目的とした相手からの願いを聞き入れるとは、経緯が気になります。
覚醒した姿はテンション上がる!

5/30 雑記

マイクラ

やたら手に入る鳥の卵を射出する装置を作ってた。
完成したあと、何やってるんだろうってなるね。

5/29 ダーリン・イン・ザ・フランキス 19話

博士の過去と今の世界に至るまで

若いときの博士がかっこいい。
こういう色々と判明する話ってワクワクします。
人間サイドの状況は、あらかた判明したので、あとは叫竜側がなにを抱えてるかですね。
ヒロたちが使い潰されそうな予感しかしないけど、生き残ってほしいな。

・拍手レス

>> Tバックやふんどしはお尻に食い込んでいるのも素敵だけれど、前から後ろにかけて、どんどんと食い込ん行く部分も中々だと思うw

前面の割と普通な感じからのエロ全開加減がいいですねー。

>>吉岡ちゃんの後ろの同級生?小っちゃいセンパイ?も犯されてるのかな?

妊娠してる吉岡ちゃんを嘲笑してるから、回避してるんじゃないですかね。
昏睡乱交は同級生なので、先に帰った先輩たちかな(今考えただけですが)。
これから狙われるのかもしれません。

・SS

>>【ダリフラ】ヒロ「そういえば、イチゴとも乗れた」

ツノが伸びるの、かわいがれないw

5/28 ウマ娘 10話

トレーニング、メシ、トレーニング、メシ、トレーニング...

京都大賞典に向けた調整に失敗してしまい、7位になってしまうスペ。
トレーニングのしすぎということもあり、休息のために、北海道に帰省する。
自分の原点を確認したスペは、さらに一歩先の未来を見据える。

天皇賞

スピカの面々が勝利し、天皇賞でそれに続くスペ。
以前にはなかった勝利への執念を見せ、1着になる。
ようやく心構えがスタートラインに立った回。
次回からのレースがより楽しみになりました。

大運動会 TV版 南極訓練校編 1〜10話

やはり熱い!

ウマ娘を見てると、大運動会を思い出すので、DVDを視聴しました。
地軸が傾いて人類が95%死亡し、再び発展したというとんでもない設定。
スポーツのエリート女子たちが、南極にある訓練校に集まって競い、大学衛星と呼ばれる軌道上にある大学を目指す。
最終的にそこで開催される大会で優勝して、宇宙撫子(コスモビューティー)となることを目指す。
改めて見ても胸が熱くなるシーンが多く、見たことない人は、是非見てもらいたい作品です。

才能の世界

自分は、南極編が、青臭さと泥臭さを感じて好きです。
あかり、いっちゃん、ジェシー、アイラの4人の関係が、うまく折り重なってます。

キャラでは、ジェシーが一番好きでした。
努力をいとわない姿勢と、プライドの高さに憧れます。
伝説の宇宙撫子であるあかりの母を尊敬するジェシーが、タイマン勝負に負けてヘラヘラと無神経なことを言うあかりをグーでぶん殴ったり、今では見ない展開で熱いです。

5/27 HUGっと!プリキュア 17話

ルールーが記憶を消され巨大ロボに

悲しい戦いでした。
心を取り戻したあと、パップルに自爆装置などを使われるのかと冷や冷やしました。
薫と満の件が頭にあるから、機械人形ということもあって一旦退場はありえると思ってしまう。
パップルはパップルで、戦闘タイプにさせようとは思ってなかったし、多少の美学があるんですかね。
しかし神回が続くなー。

ハリーは元クライアス社?

えみる

ルールーの最後かもしれないときに、えみるが駆けつけてくる。
この流れだと、ガチでルールーとの別れが、すげー悲しいことになる。
期待半分不安半分で結末を待っていたら、フラグを回収せず。
代わりに、はなたちがプリキュアであることを知ってしまう。
次回、ルールーとえみるの話再びで期待せずにはいられない。

ペルソナ5

ボス戦のアニメ化の難しさ

鴨志田戦のときも思いましたが、ゲームの演出を取り入れると不自然ですね。
どこか滑稽に見えてしまうというか、わざとらしいというか。
味方と敵の感情がぶつかりあいが、薄いからかな。
間接的に悪役をぶっ飛ばす作品だから、気持ちよさが薄まるのかもしれない。
ゲームだと、プレイヤーが頭を使って没入するから、それを表現として落とし込むのが厳しそう。
P5はシャフト演出に向いてそうですね。
最近、シャフトの存在感ないけど。

斑目の謝罪は控えめになってた

後日談

裕介が皆と鍋パーティで語らってから、寮に入ることを決めるのがいい。
視野が広がった瞬間、前向きさが感じ取れる流れです。
これから、裕介はコメディ要員として活躍する。

武見妙

今回もルブランにいてコミュメンバーの中では、出番が多いです。
序盤に出会う人で、しかも美人だから、好きな人は多そうですよね。
自分もそこから抜けられませんでしたが。
2周目やると、千早か一二三か迷います。
パーティメンバーでは、双葉一択!

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

腰を痛めてエステに行ったら、ロボになって帰ってきたひろし

野原一家は、なんだかんだですぐ馴染むのかと思いきや、終始、みさえが本物じゃないという態度で接していたのが、意外だし、そこがよかったです。
本物のひろしと再会して、ロボを素通りして駆け寄るとこが、すごく残酷でいい。
記憶をコピーされているばかりに、周囲に否定されても、本人の中では野原ひろしという人格なのが、切ないです。
コピー元は、処分しておかないといけないね。
最後の腕相撲対決は、胸が熱くなりました。

声優

五十嵐裕美さん、園児服を着る

意外と似合ってた。
帽子は違和感ない。

・拍手レス

>>あ〜ぁ吉岡チャンの通う女子高の女子連中は男共見る目無いなぁ
いつか流行ったチョイワルな見た目の男にダマされちまって…
ソイツら気に入ったオンナ犯しれ孕ませては捨ててる連中ですよ〜(だが正直ソソる…)


ことが起きるまでは、浮き足立ってるんでしょうね。
吉岡ちゃんみたいにしっかりしてるのに、力尽くで襲われるのもまたいい。

5/26 Lostorage conflated WIXOSS 8話

あきらっきー消滅

人質を取ってバトルで一方的に清衣をいたぶるあきらっきー。
人質になったアミカはアミカで、清衣の身を案じて自力で脱出し無事だったことを告げる。
コインを全部使うと存在が消えることを知らなかったあきらっきーは、清衣に反撃され敗北。
消える間際に自分のことを伝えようとするあきらっきーの姿が泣ける。

5/25 ラストピリオド 7話

あにまるフレンド回

けもフレのパロディだけでなく、騒動のパロディもいれてくる問題作。
相変わらず、面白いですねー。
中の人でみころんが出てるのもポイント。
けものフレンズ、アニメはアニメ、ゲームは改めてゲームで別路線で展開すればよかったんでしょうけどね。
一瞬で終止符を打ってしまうなんて、思わなかったな。

5/24 シュタインズゲート0 7話

Mr.ブラウン

襲われた場所に綯ちゃんがいたので、もしやと思ってましたが、襲撃に来たのは別の組織で、Mr.ブラウンが助けに来てくれました。
メットを被った巨乳の子も萌郁ではないようで、ダルの嫁なのか、はたまた、女教授なのか、謎が深まります。

リーディングシュタイナー発動

アマデウスに繋がらないという真帆との電話の直後、アマデウスから着信がきたオカリン。
それに出て、アマデウス紅莉栖の助けを呼ぶ声を聞いた途端、世界線が変動し、生きている紅莉栖とラボで出会う。
この引きはずるい。
もうゲームしてしまいたいです。

5/23 あまんちゅ 7話

文化祭

ゴーヤ汁を売って回るぴかりとてこ。
文化祭準備のノリだから売れるアイテムですねー。
かわいい子が売りにきたら、自分はまんまと買ってしまいそうです。

姉ちゃん先輩ちょろい

文化祭前日の楽しい時間がずっと続いて欲しいと願う姉ちゃん先輩。
そんな姉ちゃん先輩の前に現れた幽霊に心奪われ連れていかれそうになる。
異性を意識して赤面する姿が可愛いです。
パンツは、ストライプな縞パン!

PSVR

トラックマニアターボ

今月のフリープレイになってるUBIが出してるVR対応のレースゲー。
VRモードは一人用で、視点は車の後方にある。
クリアタイムで金銀銅の評価を得て、コースが解禁されていく。

コースと挙動

コースレイアウトは、マリオカードみたいなぶっとび系。
ジャンプ台は勿論、垂直に壁を走ったあと、スノボのハーフパイプのように飛んだりする。

挙動はゲーム寄りで簡単に曲がるタイプ。
かといってアクセル押しっぱなしだと曲がりきれないとこもあるので、アクセルを抜いて外に膨らまないよう調整できるのは、走ってる気分が味わえて楽しい。

VR感

通常モードでは運転席視点が使えるので、VRでできないのは酔い対策なのかと思われます。
最初、カメラの移動が掴めず、脳が誤作動を起こしてる感覚に少しだけなりました。
あれが凄く強くなると酔う状態になるのかな。
カメラの挙動を覚えると気にならなくなりました。

ジャンプしたりアクロバティックなコースは、やっていて面白いです。
錯覚ですが浮いてるように感じることもあります。
車ゲーは、速さを追求するゲームになりがちなので、まったり走れるゲームもやってみたくなりました。

SUPER HOT VR

アイテムを投げ、拳で殴り、銃を撃って敵を倒していくゲーム。
自分が動いたら、敵も動くというシステムが新しい。
VRとしては凄く正しいシステムなんじゃないかと思う。
VRだとアクションは、慌ただしすぎるので、止まることで考えを巡らせて、次の行動が取れるのは、凄くいいアイデア。
達人の気分になれます。
最初のステージで何度も死んでやり直しさせられたへなちょこプレイヤーに終わりましたがw
いずれクリアしたいと思います。

今後のVR

国内の開発は、あまり活発じゃないですね。
普通のゲームですら数が売れる環境ではないので、当たり前か。
DMMのエロ動画が、一番売れてそう。
楽園追放のスタッフがグラフィックを担当するADVゲームが作られるらしく、それが唯一、期待してる作品です。
PSVRのロンチで配信されたダンガンロンパが凄くよかったので、あのクオリティで長めに遊べたら、神作品となれそうです。

海外産は、良質なホラーが多いイメージですが、遊ぶ勇気がないのが悲しいところ。
海外の人達は、なぜあんなにサバイバルな雰囲気が好きなのか。
スカイリムが、かなりいい出来らしいのでセールがきたら考えたい。

5/22 ビルドダイバーズ 8話

フェス

フォースでバトルのない宝探しイベントに参加。
そこで出会ったお姉さんの1人が、所属するフォースのお荷物になってると思い込み、ブレイクデカールを使用。
リクたちを攻撃してお宝を獲得しようとするという、お祭り騒ぎから一転して悲しい展開に。

日頃からあまり活躍できなくて、さらにフォースのランクダウンが、自分のミスによるものだった場合、確かに心にきそうですね。
アクションゲーだと操作の技量もあるでしょうし、難易度の高いゲームだと思う。
リクたちの説得に何度も反論してるのが、追い詰められてることを感じて一層泣けます。

お姉さんたちの中の人が、うえしゃまと津田ちゃん。
今後も出番があるキャラと信じたい配役。

5/21 ウマ娘 9話

スペとスズカ復活!

合宿で、トレーナーに発破をかけられて、2人とも自分を取り戻す。
真面目な部分を見えつつも、コミカルなシーンが多い合宿でした。

凱旋門賞を走るエルコンドルパサー

フランスのウマ娘・ブロワイエと走り2着。
レース直後は握手を交わし爽やかに締めたものの、スペにかけてきた電話で悔しさを滲ませていて泣けます。
本気でやってるからこそ、こういうシーンはいいですね。
ブロワイエの声優さんが池澤春菜さんだった、懐かしい。

刀使ノ巫女

高津学長ノリノリ

TVを使って、人との共存を望むタギツヒメ側に正当性があると主張し、管理局の権威をそぎ落としにかかる。
管理局局長の椅子もすぐに自分の者になると考えていて、調子に乗ってます。
タギツヒメに信頼されてないし、立ち位置は、1期と変わってないように見えます。
グランパは評価してたので、自分が思ってる以上に効果があったのか。
高津学長は、タギツヒメを望む立場に収めたとして、その後の日々をどう過ごしていけると思ってるんだろうか。
強者に傅く喜びというのがあるのかね。

ミリオンライブ!

漫画版ミリオンライブ・Blooming Clover 1、2巻/稲山覚也

昨日の夜、寝る前に久々に漫画を読もうと本棚を見たら、なぜか読んでなかったことに気付き、読みました。
結果、めちゃくちゃ面白かったです。
劇場版でもメインだった矢吹可奈ちゃんを主役に据え、性格が対極に位置する志保との物語を描く。
他のキャラクターもきちんとキャラが立つ形で満遍なく話に絡んでる。
プロデューサーも、かなりいい味付けがされていて、アイドル達を成長させるために、びしっと課題を出していく。
ミリオン知らない人でも、アイドルたちがもがきながら成長していく姿を見たい人におすすめです!

5thライブ・1日目のチケットを発券!

なんとアリーナ席のAブロックでした!!!
多分、ステージの前の位置だと思うので、めちゃくちゃ間近で見られる可能性が高い。
ステージ構成によるかもしれないので、ぬか喜びの可能性もあるけど、多分いい席のはずです。
一生に一回あるかないかくらいの席運だから、楽しみたいです。

5/20 HUGっと!プリキュア 16話

クラスメイト回

出番がありそうでなかった2人。
最後、今のままでいい、というよくあるまとめ方でなくて、前に進もうとする結末が凄くよかった。
人に憧れることでの成長ってありますし、変化することを恐れずに進まないとね。

ほまれとハリー

怪しい。

パップルに処罰されたルールー

さすがに、プリキュアの手助けをしちゃったら、無視してはおけないか。
次回の予告も不穏だし、どうなるんだ。
関係ないけど、パップルの制服姿、作画がいいせいかエロい。

作画がいつもと違う雰囲気

4話と同じ人らしい。
最近、作画監督で絵柄が変わるアニメを見ないので、新鮮でした。

ダーリン・イン・ザ・フランキス 17、18話

ミツルとココロ

ついにきたセックス回は、ピュアな感じでした。
そんな2人の結婚式を皆であげようとしたのに、最後には記憶消去とは、救われない。
2人が奪われた時点では、大人に反抗する芽が育ってない様子ですね。
今回の件で、ようやくといったとこでしょうか。
ハチの動向も気になります。

・拍手レス

>>もうすぐ亜美と真美の誕生日ですね。
こういったゲームキャラは基本、歳をとりませんが、もし少しでも大人に近づくようなら、亜美は元気で少しおませに、真美は落ち着きを覚えておしとやかになるという感じになればなと、考えたりしていますw


真美は、そういう成長を遂げそうですよね。
高校生にもなると髪を下ろしていて、少し寂しさを覚えたり。
そういえばミリシタでは、2人同時にお出迎えしてくれるんでしょうかね。
楽しみです。

5/19 Lostorage conflated WIXOSS 7話

るぅ子、とりあえず初戦闘で勝利して結月を取り戻す

本気のバトルじゃなく、うまく躱されてしまった。
これからずっとるぅ子のターンでもよかったんですが、るぅ子もまだ新しいバトルに馴染んでないようですね。
あきらっきーが、相性のいいルリグと組んでしまって、ひどい結末を迎えそうで怖い。

5/18 こみっくがーるず 7話

怖浦先輩のアシスタントをするかおす

この二人は、意外といい雰囲気。
かおす先生のレベルも上がっていきそう。
自分は、トーン貼るの嫌いでした。
あれはもはや工作の世界。
最初のころは重ね貼りとかしてたけど、シンプルな使い方に落ち着きました。

秋葉原でフィギュアを買うかおす

展示されてるフィギュアって、照明の当たり方がいいからか、格別よく見えます。
家で見ると、そうでもなかったりするし、見栄えのする置き方があるんでしょうね。
フィギュアは、値段が上がってからめっきり買わなくなりました。
質が上がりすぎて、あれもこれも欲しくなったのもある。

・拍手レス

>>男教師一人に大勢の生命力に溢れた若いJKその後もお願いします!

夢のあるシチュなので、その後があるかもしれません。

5/17 シュタインズゲート0 6話

オカリンが現状を受け入れた矢先、ラウンダーが登場!

この踏み込まれるシーン、トラウマものですね。
ゲームしてた自分もいやな気分になる。
萌郁にかがりを発見したと情報を渡してしまったのが、いけなかったんでしょうか。
でも、綯ちゃんがいる状況で、踏み込ませたと考えると、別の組織だったりはしないのかな。
女教授もかがりに対して怪しい視線を送っていたし、誰が悪い奴なのか気になります。

・拍手レス

>>長船の刀使が苗床にされる同人みたいなぁ
だが出そうにないかなぁ〜


可奈美たちを差し置いての長船メイン本となると、探すの難しそうですねー。

5/16 刀使ノ巫女 18話

タキリヒメとの立合いを望む可奈美

可奈美らしいですね。
タキリヒメと剣を交え、彼女を感じた可奈美。
タギツヒメに襲撃され、吸収されるも、タキリヒメと少しは通じ合えたことが分かる最後でした。

益子と共に生きてきたねね

他の刀使とは、別の解決方法を模索していったのは、凄い一族ですね。
そしてタキリヒメの谷間に挟まるねね。
これは羨ましい。
人より上位の存在のエロスは、神秘性と背徳感があってロマンあります。

5/15 ビルドダイバーズ 7話

フォース戦

SDガンダム使いのあやめさんを勧誘して、初のフォース戦に挑むリクたち一同。
ロンメル隊の新人部隊を相手に連携がうまくはまり完勝。
それぞれの機体特性が理解できる戦いでした。
モモカプルのおなかビームがかわいい。

ペルソナ5 6話

斑目と裕介

裕介、久々に見ましたが、いいキャラです。
そして、斑目の気持ちいいくらいの悪人ぷり。
早く改心したとこ見たい。

中ノ原と合うときの主人公

すごくルルーシュっぽいw

5/14 ウマ娘 8話

スズカを心配するあまり、強い意志を失うスペ

スズカは、ちゃんとやってるんだろうと思ってたでしょうね。
自分のせいでレースに身が入ってなかったなんて、思わせちゃダメだわな。
最後は、トレーナーさんじゃなくて、怒ったスズカが、めっちゃ突き放すのかと思いました。

グラスワンダー

序盤のケガスタートからの、今回のレース。
スペが自分を見てないことに、不安を覚えるグラス。
普段は、少しおどおどしたとこがあるグラスだけど、レース中に静かな怒りを見せる姿がかっこいい。
レースのために仕上げてきたのに、勝つ気がないウマ娘が混じってるなんて、レースを汚されたようなものですもんね。
次こそは、本気の勝負が見たい。

5/13 HUGっと!プリキュア 16話

キュアえみ〜る!

卵の特売のおつかいに出たルールーとえみるが出会う。
プリキュアに憧れて、街の平和を守るえみる。
プリキュアと名乗りを上げたえみるに反応するルールー。

自由にやっていて面白い回

スーパーで卵を買いに走るルールー。
ギターをかき鳴らし、ギターへの情熱を語るえみる。
セリフが文字起こしされたり、変なアイキャッチが入ったりと、楽しい回でした。
プリキュアじゃないと告白するえみるの顔が、ポーズもふくめて好き。

えみるの家族問題が解決してないので、まだまだこの二人のコンビ回はありそうですね。

・拍手レス

>>咲と舞はもちろん、声優さん同士も仲がよいそうですよ。
咲の声の樹元さんが出産したときも「一緒に育てていこうね」というやりとりをしたくらいだそうです。
しかし、舞にそっくりなお子さんだ。
二人目はきっと、咲にそっくりな子が生まれてくるころでしょうw


中の人たちが、今も仲がいいというのは、嬉しいですね。
樹元さんって咲以外では知らないなと思って調べたら、旦那さんがアイシールドの脚本担当でびっくりしました。

5/12 Lostorage conflated WIXOSS 6話

戦闘を中断

中断できるなら負ける前に皆やればいいが、あいつだけが使える裏技なんでしょうかね。
なんとなくあの空間では、時間が経ってないのかと思ってた。
ネトゲで切断する人がいるけど、ゲーマーとして、人としてのプライドって大事ですね。

2期の主役と親友が楽しくバトル

こういう普通のバトルは、微笑ましいです。
新システムのプレイヤーがルリグとなる、というのはプレイヤーカードみたいなものがあるんだろうか。
コインBETやら、雰囲気で分かったフリをしてるけど、未だ謎のゲームのままw

ついにるぅ子が参戦!!

結月を目の前で失ったひとえが、一人で抱え込むことができず助けを求める。
さすがに、こんな状況を抱えたまま、帰って安眠できないよね。
人となったたまがリスクを承知で、皆を助けるためにルリグに戻る。
次回から、戦いが激しくなりそう。

・拍手レス

>>バレー部の娘2枚の画像を繋げてる?
繋ぎ目が見えるし、男のシャツがズレてる


あれは、上半分描いたあと、他の女の子が入る余地がなかったので、下半分を継ぎ足しています。

>>あ〜もう結末で妊娠が決まってるキャラ良いなぁ
孕まされるまでの過程が気になる


文字だけで誤魔化すマン。

>>イスの上で舌出ししてる娘は実は鼻から下だけ見切れるように露出の多いカッコで動画配信してるコでソコに強姦魔が乱入とかかな?
モニタとか無いけど


グラドルのイメージでした。
動画配信系だと、おっぱい見えちゃって慌てるハプニングが好きです。

>>吉岡ちゃん中学までは共学で高校からは中高一貫の女子校に途中編入組として入学したのかな?
女子高だと男の教師かあるいはお姉ぇ様とか言って百合ってないとアッという間に気を抜いて服装がブスっちくなるから難しいトコだけど
男に接点ないって女子校だよな…


リアルな女子校は、夢がないって聞きますねー。
なんとなくカーストトップの人達のイメージなのかなと思ってますが、全員そんな感じなんですかね。
日常をのぞいてみたいが、逮捕されちゃう。
シンヤメンバー。

>>ブルマのくっきりスジ、すごくイイ!!
ちなみにシンヤさんは、ブルマは赤と紺、どちらが好みですか?


難しい問題ですねー。
昔は紺一択でしたが、赤の良さにも気付きはじめました。
ウマ娘は、公式通り、赤の方が似合ってる気がします。

・SS

>>麗奈「リズと青い鳥の4週目特典の久美子缶バッジを当てるわ」

これほどの情熱で何かにはまりたいです。
DVDが発売されるまで待っちゃうなー。
ていうか早く見に行かないと終わっちゃう。

5/11 こみっくがーるず 6話

新キャラ・怖浦すずが登場

今回だけだと、立ち位置が分からないけど、可愛いので今後に期待。
EDにさらっと混じっていて、和を乱しているw

担任の先生の話

可愛い先生だと思ってたけど、残念な面を見てしまったw
地面に頭を打ち付けるリアクションが、なんとなく女性オタクぽい。
男は壁かな。

ラストピリオド 5話

今度はハルくんがガチャ沼にはまる

怖いですねー。
自分は、ブレーキかかっちゃいます。

5/10 シュタインズゲート0 6話

オランウータンやチンパンジーの死体

気になるニュースです。
ゲルしぃみたいな実験の結果でしょうか。

追われる真帆

かなりオカリンを気になってますね。
そして、新たな女教授が登場。
なぜこのタイミングで秋葉原に集結しているのか、裏の意図があるのではと勘ぐってしまう。
ダルからたん付けで呼ばれ困惑する真帆。
こういったコメディ要素にほっとします。

探していた椎名かがりがルカ子に連れられて登場

声が、紅莉栖と全然違っておばさんぽかった。
記憶喪失で、まゆりを見て何かを思い出そうとして失神。
鈴羽も現れ、かがりなのは間違いない様子。
変なすれ違いにならず、必要な情報が集まりましたね。
こうなってくると、萌郁と接点を持ってるのが危うい。

Lostorage conflated WIXOSS 5話

事件から遠ざけられるるぅ子

参戦したら無双しちゃいそうですよね。
結月はルリグとなって、バトルに負け敵に捕らわれる。
肉体が現実から消えるなんて、めっちゃ怖いな。

美少年がルリグに!

熱い展開でした。
2作目を見てなくても、前作を匂わす発言が多いので、そこから人間関係を理解していくのが面白い。

ラストピリオド 4話

宝くじに当選

大金を得たことで人が変わってしまうリーザとガジェル。
ワイズマンの優しさに触れる回。
いい意味でアホなアニメですねー。

5/9 ビルドダイバーズ 6話

カプルを作ったナナミの兄・コウイチが登場

ここで、がっつり新キャラが仲間になるとは思いませんでしたが、いい話でした。
コウイチが出した条件・自分のガンプラは自分で作る、はビルド系作品で願ってきたことなので、個人的に凄く嬉しいです。
昔の筐体に残ってた映像データの部活内での楽しそうな会話とそれを聞いたナナミさんの嬉しそうな声色に泣ける。
部活時代のプレハブに見覚えがあるし、色々と繋がっているのか、お遊びなのか。
筐体はちょっと違うようにも見えるな。
もう一度トライを見てみるかな。

サラの活躍

今回、現実パートが多かったこともあり、サラとの距離を感じた話でした。
あの世界でしか会えない存在なんだと強く感じます。
リクたちからするとマギーさんらと変わらない距離なんだろうけど。
不思議少女なのか、病院で寝たきりというパターンもあるのか、正体が楽しみです。
今回、作画がよくて美人度が上がっていたように思う。

ルパン三世 Part5 5話

アミ、学生になる

きっちりとマネーゲームをしていた3人にお仕置きをして、アミは全寮制の学校に入学。
通して見れば、ちょうど二時間番組と同じくらいか。
ルパンゲームが、あっさり終わったあたりで、どうするのか不思議だったので、話を締めたのは納得です。
アミの能力を知ってる人達が、攫いに来ないかは心配ですが、ルパンが護衛でも雇ってそうですね。

5/8 ウマ娘 7話

サイレンススズカ

フラグを回収するのか、はたまた回避するのか、ドキドキしながら見てました。
史実では、故障のあと安楽死させられたみたいですね。
今思えば、6話でのグラスワンダーのフラグ回避はこれの前振りか。
スペとの戦いは、エピローグになりそうですね。

ペルソナ5 5話

明智の保志さんの声、凄く合ってて好きです。

初めて足がつりました

こわっ!

昨日、起きた直後になりました。
よく足をつってる友人から、筋肉が自動で動いて制御できない感じと聞いていて、何を言ってるんだと思ってましたが、なってみると言いたいことが理解できました。
足の指を動かすことで筋肉を伸ばして、MAXダメージは回避できましたが、あのままいくとやばいかもと焦りました。
アニメとか漫画でプールでつってるシーンがあるけど、死ぬな。

調べると、原因の1つに水分不足があるようです。
前日ライブに行ったとき、「水分補給してねー!」とTrySailに言われていたものの、買ってなかったので水分補給せず、帰りのモスでジンジャーエールを飲んだだけで、帰って寝てしまったのでそれが原因ぽいです。
来月のSSAでは、気をつけよう。

・SS

>>【アイマス】響「うぎゃー!自分動物になっちゃったぞ!」

意外にも可愛い動物だった。

5/7 HUGっと!プリキュア 14話

保育士さん

3人とルールーで保育士体験。
さあやの持ってきた育児本を速読して学んだことに加えて、持ち前の洞察力でてきぱきと仕事をこなすルールー。
そんなルールーに張り合おうとするさあや。
ムキになってるさあやが、可愛い。
赤ちゃんたちと触れあい笑顔を見せるルールーもよい。

揺れ動くルールー

赤ちゃんの泣き声にクレームをつけるモンスター住人が現れ、オシマイダー化させるルールー。
しかしオシマイダーが、赤ちゃんたちに危害を加えようとすると、庇ってしまう。
人の邪悪な気を発散させるために、オシマイダー化させてプリキュアが退治する状況になってきてますね。

次回はえみるとルールーという謎の組み合わせ

えみるは、プリキュアに憧れて、自警団みたいなことやってるのかな。
なんにせよ、面白い子なので、新たな活躍が見られるのが嬉しい。

ダーリン・イン・ザ・フランキス 

2部7〜15話を見ました

6話で気持ちが切れちゃって、見てなかったんですが、重い腰を上げて再生しました。
そしたら思ってたよりも、好みな展開になっていて盛り上がってました。
色々話に聞いてたイチゴやココロの件で、めっちゃひどい展開になるんだと思ってたけど、ドロドロというか、少女漫画!って感じですね。
ミツルとココロの関係とか特にそう思う。
少年漫画だけでなく少女漫画を読んで育ったので、懐かしい気持ちになりました。

7話の水着回からの廃墟めぐりや、ゾロメが大人と会う話は、かなりワクワクしながら見られました。
なんだかんだで、みんな死なないから、人間ドラマが継続していて面白い関係性を保っている。
ヒロとミツルが喋ってるとなんか嬉しい。
そうえいば、6話に意味ありげに出てきたナインズの連中が、キャラ濃そうで未だ薄いままなのが笑います。

16話

ゼロツーが、うきうきしてて可愛い。
皆、自分達だけで頑張らなくちゃいけない環境で、考えて行動してるのがいいですね。
でもそんな生活を内心不安に思っていて、ストレスを抱えてるというのも正しい感情だし。
次回、新キャラがかき回しそうで、楽しみです。

5/6 TrySail 2ndLIVEツアー福岡に行ってきた!

3階席

だったけど、前に人がいなかったので、見やすい位置でした。
隣の人が、TrySailのダンスの振り付けと同じ感じでサイリウムを振っていて、ぎょっとした。
でも1階席を見ると、半分くらい人のサイリウムが、振り付けと同じ軌道で動いてる。
TrySailのライブは、どうもそういう感じらしいことを知る。
なので、歌の1番で動きを確認しつつ、2番で修正していく謎のスポーツをやってました。
きびきびは動けないけども、意外と演者とシンクロした動きをしてる感覚が面白かったです。
帰りながら、この感覚は何かに近いと考えてたら、リズムゲーだ。
5/7追記・ちがうレースゲーだった。

ライブ

TrySailは2ndアルバムまで出しているのですが、2ndアルバムはほぼシングルで構成されている。
なので、BD化されてる1stツアーで歌った曲も、かなり歌われていました。
生でライブを見るのは初めてだったので、定番の曲を聴けたのが嬉しかったです。
がっつりツアーに参加してる人だと、そろそろ新曲が大量に欲しいとこでしょうね。
新曲だとエロマンガ先生のadrenaline!!とWantedGirlは、かなり盛り上がってました。
テンション上がる曲はいいですね。

もちょこと麻倉ももさん

福岡出身なので、方言で話したり定番のMCが嬉しいです。
牧のうどんといううどん屋さんが好きで、よく名前が出るんですが、帰りがけ、博多駅にある牧のうどんは盛況でした。
かくいう自分は、モスバーガーを食べて帰りました。
牧のうどんは、近所にもあるので、近いうちに食べにいこうと思う。

感想

2時間半があっという間に感じた楽しいライブでした。
今年発売されたミリオンの4thライブを何度も何度も見てるので、その3人を生で見られたのが嬉しいです。
地元開催だと、交通費がかからないのもありがたい。
天さんが、ソロツアーで福岡に来るそうなので、応募してみる!
来年あるであろうTrySailの3rdツアーは、曲ががっつり増えるだろうし、今後の活躍を楽しんでいきたい。

・拍手レス

>>最近絵の更新月一位になってる?

2月3月の更新がないので、1クールレベルになってますね。
やる気出していきます!

5/5 2日連続ボドゲ会

5/4

バジリカ聖堂

タイルを配置していく2人用ゲーム。
不思議なプレイ感でした。

アーサー王

こちらも不思議なプレイ感のゲーム。
円卓にアーサー王や自分たちの駒を並べ、移動させることで得点を稼いでいく。
アーサー王の位置が移動すると、得点表がそれに合わせて移動するのがユニークです。

ダイスエイジ

サイコロを振って、ダイス目によって狩り場にあるカードを獲得していく。
ベガスという名作ダイスゲームの発展系で、うまくまとまっている。

フレスコ

絵の具を購入してフレスコ画を修復するゲーム。
テーマとゲーム性がマッチしてて、プレイしてて楽しいです。
プレイするのは2回目で、見事1位!

メモアァール!

記憶力系のゲーム。
5種類の動物と背景の組み合わせで描かれたカードが25枚ある。
その内24枚のカードを裏向きに並べる。
最初の人が1枚めくったら、次の人は、同じ背景か動物のカードをめくらないと脱落。
脱落しなかった最後の一人がお宝をゲットしたら、再び全部裏向きにして同じ配置でプレイ開始。
ゲームが進むほど情報が増え、記憶力が頼りになる。

ルールがシンプルながら面白いゲームでした。
7ラウンドやるので、終盤のラウンドだと、条件に合うカードがなくなって、詰んだ状態になることもしばしば。
そのあたりは惜しいけど、いいゲームでした。
子供とやるのに向いてるかなと思ったけど、奴らの記憶力は半端じゃないから、そこが弱ってきた層の方が面白いかもしれない。

5/5

The Mind

1〜100のカードを手札から順番に出していくゲームを4人でプレイ。
レベル1からスタートし、クリアするとレベルが上がっていく。
レベル1は、全員手札が1枚、レベル2は手札が2枚と、レベルが上がっていくにつれ手札が増えていく。
相談やジェスチャーは禁止で、精神を通じ合わせて出すしかない。
ルールだけ聞くと、誰でも思いつきそうだけど、これがよく出来ていて、めっちゃ面白い。
場の数字と手札のカードが20くらい間が空いてると動けなくなるんだけど、周囲の動けない時間を感じて出したりする。
うまくいくとテンション上がります。
買いたくなったゲーム。

テキサスショウダウン

8色60枚を使ってのトリックテイキングゲーム。
黒が0〜10、橙が11〜20、青が21〜29といった形で、色によって数字の幅が決まっている。
トリテでは、最初にカードを出した人の色のカードが手札にあれば出さなくてはいけない。
持ってない場合、他の色を出してもいい。
このゲームでは、そうやって出した新たな色も次の人が、手札から出せるようになる。
全員がカードを1枚出したときに、一番色が多い中で強い数字を出した人がトリックを取る。
かなり気に入って、2回参加しました。
5人はいた方がいいゲームで、うちでは稼働しない予感はするけど買います!

スカルキング

ビッドをするタイプのトリックテイキング。
10ラウンド行い、1ラウンドは手札1枚、2ラウンドは手札2枚で戦っていく。
カードを出す前に、今回のラウンドで何回勝てるのかを要素する(これがビッド)。
その予想が正解したら、得点を獲得できて、それ以外は、得点を失う。
自分で買ってるゲームなんですが、ビッドに慣れないと、盛り上がりづらいかもしれない。
プレイした人には楽しんでもらえたんだけど、自分の中では、上のテキサスが素直にリアクションできる面白さだったこともあって、評価は保留。
トリテの魅力に目覚めたばかりなので、好みを選別していきたい。

パーフェクト アリバイ

苦手系なんだけど、かなり衝撃を受けたゲーム。
プレイヤー二人がとある事件の容疑者となり、アリバイ作りをする。
まず、カードを引いて事件の時間帯にいた場所を決める。
今回は郵便局。
容疑者2人は、別の場所で3分間打ち合わせをする。
それが終わったら、容疑者一人を呼び出して、他のプレイヤーたちが1つずつ質問をする。
なので、打ち合わせの内容は、聞かれそうな質問に対する答えを決めておく。

一人目への質問が終わると、二人目を呼び出しての質問になる。
ここからが、このゲームの本領発揮。
打ち合わせしてなかった質問は、一人目の答えと食い違ってしまい、それが実に取り調べっぽい。
逆にばっちり打ち合わせてた質問は、二人とも同じ答えを返していて、妙に感心してしまいました。
自分が容疑者になってたらあたふたしてたように思いますが、奇妙な面白さのいいゲームでした。

スパイフォール

これも苦手なタイプのゲームだけど、うまくなりたい思う要素も感じる。
カードを受け取り、スパイとそうじゃない人に分かれて、質問しあっていく。
スパイ以外のカードには、ロケーションと役職名が書いていて、役職に沿った答え方をする。
ロケーションがホテルだったら、支配人やコック、ドアマン、もしくは客というパターンもある。
スパイ側は質問時間が終わったあと、全員に指をさされたら負け。
勝つには、ロケーションを当てる必要がある。
自分は、質問をする側になると、全然思いつかなくて、あわあわしてしまいます。
経験だと思うので、色々考えを巡らせるようになりたい。

カブラモ

ロシアンルーレットをするゲーム。
個人ボードが、リボルバーという笑える仕様。
きちんと回転できる。
弾(裏に能力が記載)を6発込めてスタート。
ラウンド開始すると、リボルバーを一発分回転させ、発砲位置にある弾の能力を発動する。
弾の中には、撃ったら死ぬ弾もあるので、そういった弾を、能力を駆使しして人のリボルバーに押しつけていく。
死ぬときは一瞬で死にかねない脱落系のゲームなんだけど、好きな人はめっちゃ好きだと感じたゲーム。
見た目にロマンがあります。

ポテトマン

同じ色を出してはいけないトリックテイキングゲーム。
派手さはないけど、面白い。

5本のきゅうり

何度も遊んでるトリックテイキングゲーム。
ルールがシンプルで、短い時間で楽しめます。
おすすめです。

5/4 こみっくがーるず 5話

水着回

4人中3人が水着を持ってこず、水着をレンタルしたのに泳がない始末。
小夢が知らない人(わかばガール)と仲良くなって遊んでたけど、普通に考えると3人にドン引きしててもおかしくないなw
Bパートでは翼とデートしたりと、小夢のお当番回でしたね。

・拍手レス

>>シンヤさんWING優勝しましたか!
私も何とか一人出来ました。
難易度高めですが多分これくらいじゃないと達成感出ないんでしょうね


自分も一人だけ優勝できました!
優勝して喜べるのも、難易度が高いからこそですよね。
簡単に優勝できてたら、キャラの印象が残らないまま止めてたかもしれません。
これほど強引な自己紹介もないな、と感じた内容でした。

5/3 シュタインズゲート0 4話

リーディングシュタイナー発動!

きっかけは、紅莉栖の死を強く認識した影響?
夢(?)だったけど、未来で受け取った電話で時間移動してるのを見ると、今更ながら怖い能力ですね。
誰か別の人が時間移動して、オカリンが認識することもあるのかな。

アマデウス紅莉栖に恋愛感情が芽生えるかの実験

AIに人間的感情が必要なのか疑問ですね。
AIに美醜の価値観がないならいいけど、そういった人間らしさを取り入れてしまうと、AIに振られる時代がきてしまう気がする。

・拍手レス

>>そいや馬擬人化アニメの主人公馬が事故死されたんでしたっけ・・・
けもフレの2番煎じというか、なんというか動物モチーフアニメは何か祟られてるイメージがある


なぜこのタイミングで、と思ってしまうことってありますね。
馬の平均寿命が20〜30年らしいので、衰えもあったんでしょうか。

5/2 金田一少年の事件簿 外伝 犯人たちの事件簿

原作の事件を犯人視点から描くギャグ漫画

唐突に気になり、1巻冒頭が無料だったので読んでみたら面白くて2巻まで購入。
犯人たちが、トリックを必死で作ったり、自分の演技力を自画自賛したりと笑わせてくれます。
原作知ってる人向けで、動機の部分はがっつり削ってあるので、素直に楽しめる。
ただ、改めて原作を読むときに、こっちがちらつくのかも知れないw

・拍手レス

>>長船のモブ刀使ケツ突き上げたりマタ割り開かせればすぐそのまま犯せるようなのばかり

少しカメラの角度が変わったら、みんなパンモロですもんね。
救助する人達は、触ってるに違いない。

>>馬姦絵が来そうなアニメ今期!

擬人化されたのに!?

5/1 ウマ娘 6話

秋のトゥインクル・シリーズファン大感謝祭

文化祭のようなものかな。
いろいろな馬が登場。
トウカイテイオーの執事姿が可愛い。

ドーナツ早食い勝負で、ボテ腹化もといデブ腹に。
前もスペのお腹が膨れてたけど、この漫画的表現が気に入ってるんですかねw
視聴者サービスなのかと思ってしまうのが重病。

スズカの目標・海外に挑戦!

目標があるというのはいいですね。
前回スペと引き分けたエルコンドルパサーが、スズカに負けるというのが、いい描写です。
いずれあるであろうスペとスズカとのガチバトルも楽しみにしたい。

故障から復帰したグラスワンダー

死ぬフラグがビンビン立ってて焦りました。
G1に合わせてコンディションを調えたこの子が、真価を発揮するのに期待したい。

刀使ノ巫女 16話

全員勢揃い

沙耶香の誕生日を祝う。
ほんわかします。

タギツヒメが3つに分離

タギツヒメ、タキリヒメ、イチキシマヒメのことを宗像三女神というらしいですね。
福岡の宗像のことかと思って調べたら、宗像大社にも祀られているけど、神奈川の江島神社にも祀られていて、そっちの話らしいです。 折神紫も生存しているようで、そのうちの1つを管理してるのか、未だ内包してるのか。
共闘しそうな流れです。

・拍手レス

>>やはり長船の刀使は…


もはや、やられるためだけに出てきたような警備でしたね。
自衛隊員たちが、長船の子たちを介抱しようとしてるのが、物色してるようでしたw

4/30 福岡ボードゲームフリーマーケット

個人や福岡でお店をやってる方が出品してるイベント

今、特別、欲しいものはないけど、行ってみました。
規模的には、地方の同人誌オンリーイベント会場くらい(分かりづらい)。
ボドゲは単価が高いので、お金の動き方は派手なのかも。

お店が入ってることもあって、メジャーなものから、見たことないものまで揃ってました。
転売対策なのか、安すぎるって商品はあんまりなかった印象。
でも、今思うと、あったな、と気付くw
場の雰囲気だったり、ほんとに遊ぶかという疑問、財布と相談すると、躊躇してしまいます。

2人用のトリックテイキング、「The Fox in the Forest」というゲームを購入。
カードに書かれた能力が英語なため、和訳した方がいい、とレビューにあった。
そのため、気にはなってたけど、面倒に思いスルーした商品。
1つも買わないというのも寂しかったので、それを購入。
帰って箱を開けると、カードが和訳されていてありがたい。
ボドゲは、通販でしか買わないけど、店頭で買うのもいいもんですね。

4/29 ペルソナ5 4話

ピクシーをゲットして悪魔合体!

すごくゲームっぽかったw

鴨志田の改心

心が綺麗になっちゃうと、まっとうに罪を償う精神状態になっちゃって、そこは少し複雑ですね。
復讐の連鎖が起きないのは利点か。

HUGっと!プリキュア 12話

ルールーがホームステイ

勉強やスポーツで、圧倒的力を見せつけられて、はなの変顔が多くて笑う。

ルールー、プリキュア化待ったなし

ルールーと溝ができたあと、夕飯時に声をかけるのをためらったはな。
そのあと、お父さんのアドバイスからの流れは、すごくいいです。
これで、プリキュアにならず悲しい分かれ方をしたら、その残酷さにスタッフを褒めるしかない。
チャラリートがYouTuberになってるくらいだし、辞めた後は自由な社風なのかな。

僕のヒーローアカデミア 42話

100万%

校医のおばあちゃんに諫められてたように思うけど、再び力をぶっ放して身体を壊す。
ちょうどいいレベルの敵がこず、援軍も望めない状況では、守りようがない約束だよね。
そういった主人公の都合を考えないどうしようもない状況は、好きです。
仲間が呼べないと視聴者に理解してもらうために、スマホが壊れたことに言及してたのは、ミステリぽくて笑いました。

4/28 SHIROBAKO 劇場化決定!

嬉しい!

赤ジャケットに身を包んだ宮森がかっこいい。
ずかちゃんの仕事っぷりが、気になるところです。

4/27 ラストピリオド

ひぐらしコラボ

ゲームでコラボしてるらしくアニメにも登場。
他の作品のキャラとの共演って、地味にレアだし面白いですね。
きららファンタジアも、動画工房あたりがやってくれないかな。

ヲタクに恋は難しい 3話

リア充すぎて眩しい

アイマス シャイニーカラーズ

Bランクが限度

ランクBに上がると、目指していたW.I.N.G.という大会の出場権を獲得できる。
2回勝ち抜けば優勝。
そこを突破するのは、現状の無課金勢では、かなり難しいと思われる。
こつこつとサポートカードを強くすれば、安定して突破できるようになるはず。

4/26 刀使ノ巫女 15話

薫と沙耶香の任務回

珍しい組み合わせですね。
沙耶香に力の抜き方を教える薫。
仕事に真面目なのはいいことだけど、ひたすらこき使われる人材になっちゃう可能性もあるし、大事なことですね。

カリギュラ 3話

情報戦で敵幹部を撃退

ゴス娘の言動からおっさんブロガーと気付いた守田鳴子。
見た目がアバター化されているとすると、視覚的情報は信用できないね。

美笛と母親の問題

幼少期とかに、母親が太ってるのが恥ずかしくて罵倒してしまい、母親が拒食症になってしまった、とかなんでしょうかね。
しかもフリフリを着てたのかな。
それとも美笛がそうされていたのか。
一緒に普通にごはんを食べることが願いというのは、中々悲しいですね。

ペルソナ5 3話

鴨志田の体罰

現実だと、志帆も杏も最初のタイミングでやられてるよね。
何度も鴨志田に誘われた杏は、ずっとおしゃべりしてたんだろうか。

杏コミュの読モのミカが登場

この子、我が強くて好きでした。
モデルやりたくて頑張ってる子と、天性の美貌を持ってる杏という残酷な対比の中で、どんなことしても上に立とうとしているのは、凡人から見るといやな奴と片付けるのは難しい。

杏の覚醒

覚醒のシーンは、高揚感あって燃える。
次回、決着か。

STEINS;GATE 0 3話

アマデウス紅莉栖と仲を深めていくオカリン

やっぱりAIと対話する時代になると、こういう部分が問題になりますね。
どんな強い人でも、心が弱ってるときにそういったものがあると、異存しちゃいそうです。
年齢制限は、必要か。

ウマ娘

ゴールドシップが番組やってた

4/25 THE IDOLM@STER シャイニーカラーズ

パワプロのサクセススペシャルぽい内容

プロデュースするアイドルと、それをサポートするアイドル4人をセットして、育成開始。
8週間(8回行動)で、ステータスを上げて仕事をこなし、必要なファン数を獲得していればランクが上昇。
もう8週間プロデュースが、可能になる。
それの繰り返しで、トップアイドルを目指すという内容。

達成できなければ、即バッドエンドになりゲーム終了。
サポートカードを強化して、再び編成を行い、一からの挑戦を繰り返していく。
プロデュース終了時のキャラクターの能力は、カード化されて、フェスバトル用のユニットとして対戦に使用できる。
ほんとにパワプロぽいシステムでした。

PS時代のギャルゲ―をやってる気分

育成するなら腰を据えてやりたいかも。
初代をリスペクトしてるのは、伝わってきます。
プロデュース中に発生するイベントは、サポートカードに依存するので、新しいカードをどんどん追加しないと、同じイベントを何度も見ることになる点が問題な気がします。
お金をつぎ込んで必要なキャラを揃えたら、現時点でもベストEDを迎えられそうなシステム。

アイドルたち

絵柄は、シャープな印象で綺麗です。
アイドルの数は16人。
これを”少ない”と思ってしまうあたり、ソシャゲ時代に慣れてしまってますね。
前情報通り、アイドル同士のイベントが多く、横の繋がりが見られるのはよかったです。
声質が、かなり平凡な子が多く、まだうまくキャラを掴めていないのかなと感じました。

最初の引き直しガチャで、見た目がよさげな恋鐘さんと凛世のSSRをゲット。
恋鐘さんは方言キャラで、凛世はPへ恋してるキャラと、予想の斜め上の設定。
身近な男性のPに対して、たまに意識した発言をしてしまう、くらいは微笑ましくて好きなんですが、ガチぽいと引いてしまいます。
ファンのことを全く見てないのではと感じる子は、P視点で見ると複雑です。
現実でもそんなものかもしれないけど、この子のファンはどんな気持ちになるんだろう、と考えてしまい、微妙な気持ちでプロデュースしている。

初代アケマス

初代は、恋愛エンドもあったと聞くけど、最初にアーケードでアイマスをプレイしてた人たちは、恋愛対象として育ててたわけではないと思うんですが、どうなんだろう。
勿論、キャラに対する愛情や妄想はあるだろうけど、攻略情報が出回るまでは、そういうエンドがあることも知らなかったでしょうし。
2のEDでは、線を引いてたようだけど、要望があったのか、公式が方向性を決めたのか、気になるところです。
初代の春香は、TRUEエンドできっちりとPに振られたらしくて、そこがまたトップアイドル感あっていいなと思う。

4/24 ビルドダイバーズ 4話

モモカの機体はカプル

これは、あんまバリエーション出ないかw
かわいくなったりするんだろうか。
綺麗と評価されたレンタル品を誰が組み立てたものなのか、気になるところです。

修行! 生身でMSとバトル!

VRで自由に身体を動かすには、慣れは必要でしょうね。
PSVRで、身体を激しく動かすようなゲームはやったことがないので、まだまだ難しいのかな。
早くVRのRPGがやりたいです。
主人公をアイテム士にして、サポートに徹する役割を与えれば、動かなくていいんじゃないかと思う。

必殺技!

Cランク以上になると覚えられるというが、対戦のレギュレーションとかはないんですね。
正式なバトルだと参加条件が縛られるのかな。
トランザムが必殺技に該当しないことを考えると、トランザムと必殺技のコンボが生み出す威力に期待してしまう。

4/23 ウマ娘 5話

日本ダービー

エルコンドルパサー、セイウンスカイ、キングヘイローとの戦い。
熱いレースでした。
エルコンドルパサーと同着。

特訓のシーンも印象深いです。
スペは勿論だけど、セイウンスカイが柄にもなく特訓してるところや、エルコンドルパサーがチームメイトと走り続けるとこなど、全力で勝ちを目指してる姿が好ましく映りました。

メジロマックイーン(CV:大西沙織)

有名な馬ですね。
OPに出てたので、ライバルになるかと思いきや、仲間になりそうな雰囲気。
トウカイテイオーもそうだけど、実力者なのに走りを披露してないので、視聴者の中で強さの立ち位置が定まらないですね。
ダービーも取ったし、そろそろ他の馬たちにも焦点を当たっていくのかな。

そいや大西沙織さんって、色々出てるんだけど、M・A・Oさんと同じで、中々声が記憶できないです。
M・A・Oさんに比べると、クール系が多いので、そろそろ覚えてもいいはずなんだけどなぜだか難しい。
M・A・Oさんに関しては、諦めはじめたw

・拍手レス

>>ヒドい…

6話以降見てないんですが、恋愛模様がえらいことになってるようですね。

4/22 HUGっと!プリキュア 12話

パジャマパーティ

前回、成長したことで、心配なく見られた回だった。
たこ焼きを食べてるのも、繋がりがあっていいです。
でもチョコはないわw
あとのないパップルが必死で戦っても、成長した3人にあっさりと撃退されるし、退場が近いかな。

ハリーが少し大人びて見える

ルールーが、はなの母を洗脳して居候に

次回予告を見ると、歓迎会されてたり、学校に通ったりしてますね。
ここから、心が揺れ動かされてプリキュアになっていく、というのは定番の流れではある。
ただ、ここまであからさまだと疑問に思ってしまう。
今までの戦いの中で、特別プリキュアたちの行動に心を動かされたり、クライアス社の業務に迷いや悩みがあるように見えないし。
勉強漬けで就職して、仕事以外の世界を知らなかったパターンなんだろうか。
ハリーがプリキュアが4人必要なことについても言及してたし、どうなるのか気になります!

ラストピリオド 2話

温泉!

敵側のワイズマンも入るのが地味に嬉しい。
アニメで町興しとか、宮さんとか名前出してたり、色々はっちゃけてます。

・拍手レス

>>女の子に力仕事をさせるというのも、見方を変えればいいエロスに見えてくるものなのですねw
シュールなエロスは、クセはあるもののひかれるところがあると言ったところでしょうか?


直接的じゃないエロスもいいもんですよ。

4/21 Lostorage conflated WIXOSS 3話

るぅ子のお兄ちゃんに結月と一衣も登場

ほんとに懐かしい。

あきらっきー、バラエティタレントとして活躍

自業自得にしても、頬の傷を見ちゃうと悲しいものがある。
しかし、プライベートが荒れてても、きちんと求められる仕事をこなすとこが偉い。
将来は、いい役者になれそう。

4/20 刀使ノ巫女 14話

舞衣と家族の話

刀使の任務に危険性が増したことで、親に学校を辞めさせられる生徒たち。
舞衣も父からそうするよう言われる。
舞衣の刀使としての、芯の強さを感じられた話。
1期の戦いをくぐり抜けたというだけで、精神力がそこいらの人と桁が違うわな。
すごく良い話だった。

姫和の人気

設定上、強くても、劇中での活躍度合いが重要ですよね。

ヲタクに恋は難しい 2話

2話にしてラブラブっぷりを見せつける主人公たち

なんなんだこれー。

カリギュラ 2話

混乱しつつも考えを巡らせて次の一手を打てる主人公

友人に会って、発狂するのかと思いきや、状況の確認に使ったのはうまい。
逃げ続けるだけの主人公なんて見たくないし、まだ戦う力はなくても抗う姿勢を評価したい。

雑記

ファミ通のボドゲアンケート

今週号に載ってたようです。
UNOや人生ゲーム、ジェンガ等々、定番のものしか入っていなかった模様。
ボドゲ勢が、もっと面白いゲームがあると主張するのも分かるけど、そりゃそうなるよね。
ボドゲ勢の中でやっても、ルールがシンプルめのものが上にくるんじゃないかな。
メディアでもボドゲを取り沙汰されてるけど、有名番組のコーナーで使い続けるくらいしないと、定番化は難しいでしょうね。

・拍手レス

>>コレはパクリック・リムとでも言えば良いだろうか…?
敵が合体してるし…しかし小さいメガカイジュウ級の大きさもないし


ミサイル攻撃みたいに、引いた形で攻撃できるのは、好印象です。
URは迫力を出すためなのか、カメラが近かったことを、これを見て思い出しました。

4/19 STEINS;GATE 0 2話

紅莉栖のAI

なんとも複雑な気持ちになりますね。
まゆしぃと距離が空いてるのを見ると、AIに構ってる場合ではないと思ってしまう。
先が気になって、ゲームでやってしまいたくなる。

Lostorage conflated WIXOSS 2話

母親を失えない

あえて願いを逆転させる、そんな裏技があったのか。
純粋に思ってないとダメなんだろうから、ピルルクの能力じゃないと無理だろうけど、失えないってのは、それはそれで怖いな。

たまとおばあちゃん

おばあちゃんまだ出番あった。
中の人、まだやってるのかって、びっくりしそうですねw
たまも元気そうでよかった。

・拍手レス

>>アレ?気付かなかった…9日付のラクガキよく見たら吉岡ちゃんの所属してるバレー部と同じユニフォームじゃねぇか
あの不良がカワイイ娘紹介してって言って断られたら(反応も想定済みで事前にバレー部員の下調べ済み)陵辱するんだな…
吉岡ちゃんの所属する部の部員まで犯されて妊娠とか良いな
ココから吉岡ちゃんの所属するバレー部の部員達に対する連続婦女強姦妊娠事件に発展していくのか…たまらねぇ


知り合いが、自分のせいで狙われるという精神的陵辱ですね。
最終的にニュースになったり、顔がばらまかれたりするんだ。

4/18 ウマ娘 4話

ダイエットするスペ

体重管理は、大事そうですね。
現実の馬だと、馬が自主的に食べ過ぎるってことは、さすがにないのかな。
ダイワスカーレットは、むちっとしてるけど、そういう筋肉の付き方が合ってる馬ということか。

タイキシャトルとの模擬戦

短距離最速の呼び声が高い相手との戦いで、走りを学ぶ。
スリップストリームもあるんですね。
タイキシャトル、まっすぐなキャラクターでいい対戦相手でした。
大坪さんは、こういうキャラの声が合ってる。

・拍手レス

>>前作のハンニバル・チャウとかああいう濃いのが居ないから相棒とアマーラ以外はほぼひたすらモブだったな

確かに商人の人は、濃かったですね。
命がけで戦ってる裏で、金儲けをする奴らがいたり、欲にまみれた部分があるのも魅力的でしたね。

>>ゴジラ2014でもそうだったんだが監督は長尺映画は初監督で不慣れのようでな…
ゴジラ2014と違うのはアップライジングの監督はドラマ畑でソッチはある程度実績あるんだが如何せん映画は勝手が違ったんだろうなぁ


ドラマ畑の監督だったんですね。
そう考えると、やりたいことが色々あって駒を揃えたけど、尺が足りなかった印象と一致します。
次回作で監督が続投できるなら、今回の要素を活かしてほしいですね。

4/17 ビルドダイバーズ 3話

ヒロインのアバターがハロ

ゲスト用だとハロになるなんて、見るからに不便だし、運営のやり口がずるいw

新たな問題・マスダイバー

ネトゲになったことで、変なプログラムをインストールする人達が急造。
弱い人達に使用者が多いというのが、なんとも悲しいですね。

自分は一度だけ、チートというか改造コード(?)ってやつを、PS時代に使いました。
ベイグランドストーリーっていう、ファミ通で満点を叩き出したRPG。
このゲーム、たしか一定のテンポでボタンを押して連続攻撃するんですが、自分はテンポ感がないので、ラストあたりでうまくいかなくなった。
友人がそれを持ってたので、攻撃力を上げるようなものを使ってしまった。
今思えば、そんなに難しくなかったんだろうけど、さっさとクリアしたかったんでしょうね。

パシリム追記

パシリムの感想を見て回った

人間関係を希薄に感じてる人は、多かったですね。
訓練生は、やっぱりもっと見たかったな。
思い返すと、テレビシリーズ向きのキャラクター配置だったのかもしれない。

青空の下で起こる市街地戦

前回は夜戦だったので、昼間で見やすかったという意見がちらほらありました。
前回の夜の海も、あれはあれで怖さが増してるので好きでしたが、見やすいというのも大事ですね。
今回、割と空は晴れやかだった気がします。

イェーガーでは、オレンジ色の機体が、刀を持ってたり、面白い動きが多くてかっこよかったです。
多彩な攻撃が見られたので、3体中、1体くらいは訓練生が連係攻撃で倒せるとよかったですね。
相手の血液を応用してロケットを作っていたので、イェーガーたちも新技術で一段階上のステージに押しやりたいところ。
次回作では、怪獣にもっと効果的にダメージを与える姿が見たい。

絶望感や悲愴感

訓練生のイェーガーが、ただ力によって壊されていくシーンは、絶望感がありました。
あれで、訓練生が、みんな死んでれば好みな展開でした(ひどい)。
そう思うと、前作の冒頭が大好きな自分としては、悲愴感が薄かったのかな。
マコと子安さんが死んだのもあっさりしてた。

世界観

前回は、闇市みたいに、市井の状況がありましたが、今回は冒頭だけでした。
ああいう基地以外での描写は、世界観を想像できて好きなので、少しあるだけでも嬉しい。
アマーラが一人で生きていたのかと思うと、その辺の事情も突っ込んで描かれると楽しそうです。

中国資本

映画制作に中国がお金を出してるとかで、シャオ企業が出張ってきたらしい。
裏事情ですが、リアリティはあるんじゃなかろうか。
マコが死んだこととか、そういう部分があるんでしょうかね。
女社長の終盤の活躍があっても、もたらした被害が甚大で全然チャラになってないんだけど、なってると思ってるのかな。

次回作

相手側に攻め込むと宣言してるとおり、何体も撃破する姿が見られそうかな。
それぞれの機体に、必殺技もほしいです。

・拍手レス

>>ニュートやマコの扱いがねぇ〜
アップライジングから続く3部作とか聞いたが次はいつになるやら


マコは、ほんとにあっさりとした扱いでしたね。
シリーズものの洋画だと、溜めとか積み重ねを大事にしないのかな。
さすがに次回はキャラ続投してもらって、頼もしくなった姿が見たいですね。
1年後くらいに公開されてほしい。

4/16 パシフィックリム・アップライジング 吹替版【映画】

あらすじ

前作から10年後が舞台で、前作の司令官の息子・ジェイクが主役。
基地から追放されてダラダラと過ごしてるとこに、自分でイェーガーを作った少女アマーラと出会い、連行される形で彼女と共に隊に復帰する。
やさぐれていたジェイクだが、基地が襲われ大事な家族を失ったことで、この戦いに向き合う決意をする。

感想

前作を越えられなかったという評判が、しっくりくる内容でした。
全体的に、人間ドラマが薄味で、何を見せたいのか、焦点がぼやけていたように思います。
メインキャラであるジェイクとアマーラの関係ですら、うまく機能してなかった。
ジェイクがアマーラに何を見て、そこから何を感じ取ってほしいのか伝わってこなかったです。
海外的には、ナイスバディなヒロインがいなくてつらかったのではなかろうか。

あと今回、共に戦うことになる3機のイェーガーに乗る訓練生たち。
彼らの掘り下げのなさよ。
ジェイクから見たら完全にモブでしかなく、思い入れもないので、共闘しても熱くなれない。
アマーラと衝突してた訓練生の女の子がいたのに、関係性がイマイチ発展せず、ふわっとしたまま放置されてた。
アマーラと同じ機体に乗って友情を育んでほしかったです(百合的にも)。

考えてみると、今回、人と人の本気のぶつかり合いが、描けてなかったのかな。
同僚は明らかにいいやつだし、マコも優しいし、腐ってたのは大人になりきれなかっただけだよね。
変に頭が回って自分を理解してるせいで、吹っ切れないタイプなのかもね。

怪物ではなくなった怪獣

もはや宇宙人の兵器でしかないため、強いだけで、かなり魅力が削がれてしまっている。
特に今回は、宇宙人が意思を持って喋ってしまったことで、人間臭さが出て陳腐になっていた。
謎に包まれた存在って、魅力的ですね。
解明されていくと、それが薄くなっちゃうんだな。
彼らにもっと宇宙人的野望があると面白いんだけどなー。

シャオ産業の女社長

人の見る目のなさで、元凶をのさばらせてしまった人。
被害者とみるか加害者とみるか難しいところ。
クール美人を演じつつ、最後の最後にかわいい笑顔を見せる。
敵の女幹部が味方になってくれた良さはあるけど、それでいいのかw
このあと彼女が担う責任を思うと最後の笑顔なのかもしれない。

感想2

日本が舞台となり、お台場の等身大ガンダムが出てきたのは笑いました。
ロケットブースターで日本に行ったのもいいですね。

最後、宇宙人たちの本拠地に乗り込む宣言したのは、かっこいい。
今回敵がやってたように、複数のイェーガービームを使えば、裂け目を開いて攻め込めるんでしょうかね。
あれは、怪獣の能力で補正されたからできる芸当だったのかな。
今回、微妙な部分もあったけど、完結編が作られるなら見たいです。

・拍手レス

>>ウマ娘のエルコンドルパサーってどう見ても仮面付けただけの卯月だよなぁ〜髪は少し渋谷凛が入ってるが

サイドの髪が似てますよね。
中の人は、ウォッカをやってますな。

4/15 HUGっと!プリキュア 11話

プリキュアをやめると言い出すはな

自分には何もない、と母に打ち明ける。
それを受け止めて応援するすみれママ。
実際、自分の子供が自分には何もない、と相談されたら言葉に詰まりそうですね。

これが私のなりたいプリキュアだ!

今回は、涙なしには見られない展開の連続でした。
新たに心から生まれた武器が剣なのに、オシマイダーを斬ろうとしたとき、それが自分の求める武器ではないと、気付くのはほんとにいい流れでした。
また、剣を振るわず敵とぶつかったあとの表情が、凄くいい。
自分には何の才能もないと嘆くオシマイダー・チャラリートの気持ちが分かるはなは、武器の形状を変化させ浄化する。
ほんとにいい話です。

えみる再び

妹と一緒にいたところをはなに助けられる。
妹がはなを見てなかったのは、今回、割とばれやすいからかなw
最後、えみるがプリキュアかっこいい!とギャグ調で言ってなければ、プリキュア化が期待できるんだけど。
今作は、モブが準レギュになってきそうだし、プリキュアにならないまでも、学んでる知識で人を助ける姿が期待できそうですね。

ペルソナ5 2話

志帆への体罰とセクハラ

ゲームをプレイ中、そうなんだろうとは思ってても、そういう話を聞かされると中々ショックでしたね。

ひそねとまそたん 1話

航空自衛隊の話

不思議な世界観。
何と戦っていくのか、気になります。

ガンゲイルオンライン 2話

ピンクの悪魔

PKありのゲームって、緊張感マシマシで怖いです。
GGOはスナイパーがいるし、一人で街の外に出たら、即殺されそう。
ダークソウル3で、侵入して殺さないとアイテムが手に入らなかったので、侵入してましたが、毎回震えます。

キャラメイクできないゲーム多すぎ問題

流行りみたいなもんなんですかね。
キャラメイクは、一番最初に楽しめる要素なのに。
一人称視点だと自分の姿は見えないから、いいのかね。

ルパン三世 Part5 2話

ルパンがTwitterをはじめることで、ルパン狩りから興味を失わせる

人間の心理を逆手に取りましたね。
犯罪者とはいえ、こんな形で有名人になっちゃうと、変な親しみが湧いちゃうのがネットっぽい反応。
一緒に写真を撮ってもらおうとする人が現れたりも、ありそうですよね。
海外で最近、マグショットがイケメンだからって、モデルになった話を見ましたし、容姿がいい人は世界共通でずるいよね。

アミィに近づいてきた男たちに、ルパンが銃を突きつけるとこで、あくまで犯罪者ということを見せて、うまくバランス取ってました。
暗殺者たちは、微妙にしょぼそうだし、3話以降、相手がもういない気がしてきた。

・拍手レス

>>パシフィック・リム アップライジング 13日の封切り日に観に行って来たが1作目の方が好みかなぁ〜

あらら。
明日あたり行ってみようかと思います。

>>ダーリン・イン・ザ・フランキスとのコラボCMコレか

割と雑なコラボでしたw
電童でもいけそう。

4/14 インパクトウィンター クリア!【PS4】

隕石の落下で冬の世界が到来

拠点の教会で、4人の仲間と30日間生き延びることが目的のゲーム。
プレイヤーは、アコライトというサポートロボと共に外に出て、探索して物資を運んでくるのが役割。
仲間たちは、それぞれの技能を使って手助けしてくれる。
必要な物資を持ってくれば、料理、サバイバル道具製作、拠点の強化、アコライトの強化をやってくれる。

拠点の維持が大変なゲーム

食料と飲料、拠点を暖める燃料を絶えず持って帰らないといけない。
食事は、それぞれに割り振っておけば、探索に出向いてるときでも、お腹が減ったら勝手に食べてくれる。
しかし、たき火に注ぐ燃料だけは、プレイヤーが拠点で直に投下しないといけないため、何日も帰らないということができない。
終盤、レベルが上がってくると、そういう役割を持たせることが、ようやくできるようになる。

そういった縛りのため、探索距離を伸ばそうとすると、どんどん苦しくなっていく。
こういうゲームだと、最初から少し遠い範囲を探索しに行って、ピンチのときは近場で済ます方が効率的な気もします。
序盤に、”教会の屋根が壊れる”というイベントが起こってしまったので、それを修理するまで、火の最大持続時間が半減したのも辛かった。

外を探索中、1周目じゃ無理だろうし、見捨てようかな、と何度か思いましたが、なんだかんだ言って拠点に戻ってました。
2周目やれば、めっちゃ効率的に動けるタイプのゲームだけど、1周目を大事にしたいですしね。
その甲斐あってか、終盤に入るころ、屋根を直すことができて、拠点内の設備も整い、仲間もできることが増え、安定飛行。
誰一人欠けることなく、無事に30日間を過ごしきりました。
諦めなくてよかったです。

感想

感想を検索したら、Steam版では、初期に不具合やらがあり、不評が多かったようです。
PS4版でも、ローディングが地味に長いです。
たまに処理オチしたり、引っかかって動けなくなったりもしました。
ファストトラベルがないので、行きはよいよい帰りは面倒くさい、という気持ちにもなります。
カバンには、持ち運べる制限があるため、一度には全部持ってこれなくて、何度も何度も往復するはめになる。
まぁ、でも、そういう状況にいるわけですしね。
自分は、楽しめました。

4/13 ミリオンライブ 5thライブ

一日目だけ当選!

去年10月のハッチポッチライブに続いて両日とはならず、1日目だけ当選しました。
前みたいにバタバタと帰るのも寂しいので、2日目は現地のライブビューイングに応募してみたいです。
LVは福岡の方が倍率低くて確実な気もするけど、せっかく東京に行くので二泊したい。
外れたらまったり過ごそう。

ウマ娘 2話

初レースに至るまでの1週間

いきなり放り出されたのかと思いきや、きちんと練習してました。
サイレントスズカから距離を縮めてくれたのは、意外な展開でよいです。
先輩としての自覚が、しっかりとあるところが好感度高い。

スペが、自室で蹄鉄を叩いてる姿がシュールで笑いました。
道具の管理も自分でやるんですね。
衣装なんて、ゼッケン付けるだけだし、かわいいのを用意してあげてほしい。

白熱の初レース

最初の相手は、走りを妨害してくるという、レースものでは王道のキャラ。
スペシャルウィークが、スパートをかけてからBGMも相まって高まる緊張感。
熱いですねー。

ライブで棒立ちw

新人が出るレースではやらないのかと思ってた。
同じ恥をかくなら、やらないのにステージに立とうとするパターンかと予想してました。
新人でも勝てば目立てるのは、いい業界なのかも。

「ムリィ〜〜」

名無しのウマ娘たちが、追い抜かれてるときのセリフは、これなんですねw
モブに徹してて笑います。

トウカイテイオー(CV:Machico)が登場!

強キャラぽいし、スペのいいライバルになるのかな。
ビジュアルもいいし、中の人に頑張ってもらいたいので、応援してます。

ウマ娘 3話

3連勝と初めての敗北

セイウンスカイに一度は勝ったものの、G1レースで追いつくことができず3着。
出鼻を挫かれましたね。
経験の差が出たなー。

GIでの衣装はかわいかった

衣装のサイズが、合ってない描写があったので、途中でぶっ壊れてパンツ丸出しになるのかと心配しました。
食べ過ぎて太った演出の方でよかった。
公式でエロ扱いされたら、ちょっと不憫すぎるので、ほっとした。

トウカイテイオー(CV:Machico)が、同じチームに!

スペの走りを見て、チームに入ることを決める。
これからの絡みに注目です。

こみっくがーるず 2話

新宿の画材屋へ

アニメイトにも画材屋にも、久しく行ってないです。
カオスたちが行ったのは新宿の世界堂でしたが、横浜の世界堂でトレース台を買ったことを思い出しました。

学校

流姫が見知らぬ生徒からもエロいじりされてて笑ってしまう。
お姉さんぽいキャラにいじりポイントがあるの、いいですね。

ラストピリオド 1話

ソシャゲあるあるネタを入れてくる

少し滑ってますが、キャラはかわいい。
NEW GAME!で開発したゲームっぽい雰囲気あります。

ヲタクに恋は難しい 1話

男女間の友情

男側がそこで揺れるつらい展開が続くのかと思ったら、最後に一歩進んだ。
どんな付き合いをしていくのか楽しみです。

・拍手レス

>>4DX3Dってさらに環境が整ってるトコだと通常10種の効果のトコ11種になるんだっけ?
その場合名前の先頭にMXと付いてMX4Dなるんだっかな?
料金も+1,200〜1,300円だかするようだが


MX4DXは、福岡にはないみたいです。
しかし、映画館も進化してるんですね。
遊園地のアトラクションが2時間続くと考えると、途中で飽きたら拷問になりそう。

>>とりあえずそんな遠くないトコに2Dで吹き替え版見られるトコあったからソッチ行ってくるわ。
アソコ周りは閑静な住宅街でなんも無くてホント人が居ない閑散とした映画館なんだよな


住宅街にある映画館というのも最近はあまり見かけないですね。
生き残っているのがすごい。

・SS

>>【モバマス】凛「事務所に(Pの)パンツが落ちてる」モバP「(アイドルの)パンツが落ちてる!?」
その後2人揃って妊娠したアイドルが…


もはや346のPの日常ですねw

4/12 シュタインズゲート0 1話

紅莉栖が死んでまゆしぃが助かった世界線の話

季節は夏から冬になり、ラボと距離を取り大学生活を送る岡部。
鈴羽から、この世界線は、第三次世界大戦が勃発してディストピアになると聞かされているものの、心が折れてしまって、見ない振りをして過ごしている。
切ないけど、ワクワクする始まり方です。

今度の空想科学は人工知能

人間の記憶をデータ化して保存するシステムを用いている。
基礎理論を作ったのは紅莉栖という。
オカリンが普通に大学生として活動してても、こういった技術のセミナーに触れて、紅莉栖と出会ってしまうとは残酷な話です。
その道に進む以上、その道の天才からは逃れられないということか。

感想

いい1話でした。
アニメを作ってるとこが無印と同じところなので、うまくアニメ化してくれそうですね。
PS+のフリープレイになってたときDLしておいたけど、アニメでも満足できそうかな。

カリギュラ 1話

ペルソナリスペクトな雰囲気

主人公は無口系キャラかと思いきや、心理学キャラという不思議な設定で好きです。
それも友人3人が付き合ってくれるからこそ、面白く映ってたと思うので、世界がおかしくなったことで彼らも変わってしまったのが、少し悲しいです。
魚の透明な仕切り板の話は、かなり作品の根幹に関わってそうですし、彼らと最初から友人ではなかった、という可能性も世界観的にありそうですね。
女性キャラは、まだ個性が見えないので今後の活躍に期待です。

雑記

シーマンの実況

1ヶ月前くらいから見てます。
最新の20日目で、シーマンがアップルの話題を振ってきて、ジョブズの話をしてました。
ジョブズがアップルを追い出されてから戻ってきたときにやった改革の話とか。
imacは、見た目がおもちゃみたいだったけど、目立ってましたね。
個人的には、パワーマックG3とG4が、強そうなのにスタイリッシュで好きでした。

・拍手レス

>>パシフィック リム アップライジング
吹き替えが4DX3Dしかねぇのが…


近場の映画館にそういった設備がある場所だと、そうなっちゃうんですね。
人によっては羨ましい環境ですが、逆に困るということか。
劇場を調べたら、自分は、どちらも選べる環境でした。

4/11 あまんちゅ!〜あどばんす〜 1話

ポロリ

こういう雰囲気の作品でのおっぱいは、エロス度が高いですね。
ぴかりみたいに健康的だと特に。
まったり見ていきたいアニメ。

こみっくがーるず 1話

カオス先生

新人漫画家たちが、一つ屋根の下で暮らしていく話。
主人公のPN通り、カオスな人達が揃ってる。
デジタルに慣れちゃうと、ベタ1つとってもアナログは大変ですね。

トーンを売ってるDELETERという会社があり、EDのスタッフロールに名前が入ってて、懐かしかったです。
用途不明なトーンとか、買ったけど使わないものもあったなー。
この会社が出してたモノクロ原稿用のソフトを使っていたんですが、ネット上で使ってるという人を見たことなかったw

ペルソナ5 1話

ペルソナ覚醒シーンがかっこいい!

ゲームでも好きでした。
アルセーヌのデザインもかっこいいです。
毎度のことですが、ゲームだと早い段階で別のペルソナに変わるのが寂しいですね。

コミュの面々

川上先生のあの変な顔が早く見たいです。
四茶で武見がちらっと出たのも嬉しい。
仲間だと双葉推しだったけど、最初に見たのは妙EDでした。
序盤に出会える人が好みだと、愛着湧いちゃって他が疎かになってしまう。
一二三も気になってたんだけど、ギリギリコミュMAXにできなかった。
クリアまで長いので、気軽に2周目いけないんですよね。

ガンゲイルオンライン 1話

原作はたしか2巻まで読んでる

1話は延々とゲームしてるだけになってしまった。
ピトフーイが出てからが本番か。
SAOが、VRMMOという技術が実際にあったら起こりえそうなこと、というのが話のベースにあるのに対し、こちらは純粋にゲームの話という印象があります。

今年発売されたSAOのゲーム:フェイタルバレット

自分が好きなフリーダムウォーズを作ってるとこが関わってると聞いて、気になってたんですが、微妙な評価だったようです。
世間的には、フリヲの評価も低いので、プレイしてみないとなんとも言えないんですが。
調べると、フリヲは、ゴッドイーターを作ったとことと共同で作っていたようで、そっちの技術の恩恵が高かったのかな。

フリヲは、狩りゲーとして見た場合、ボリューム不足な面があったと思うんですが、長時間やらないソロプレイヤーからすると、ちょうどいいボリュームでした。
ラスボス戦までは、死ぬこともないけど温くもなく、ほどよい難易度だった。
クリアしたあとのミッションが、めっちゃ理不尽で強かったけど、やり込みの部類だったし、あとで弱体化されたからな。
シナリオが途中なことも相まって、叩かれまくり、続編が出なくなったのが、未だに悲しい。

Lostorage conflated WIXOSS 1話

未だ続くWIXOSSの世界

前作を見てないんだけど、今作は今までのキャラが総出演するとのことで視聴。
主役の子が、前にルリグだった子だったりして、興味を引かれるスタートです。

ヒナまつり 1話

作画が凄くいいコメディ

重神機パンドーラ 1話

M3と同じにおいがする

・拍手レス

>>最近の傾向見ると映画の吹き替えは4DX3Dばっかなのイラつくなぁ〜
吹き替えは高級路線に移行してるんだよな


揺れたりして字幕が読めないから、吹替えなんでしょうけど、普通の吹替え版が選べないのは確かに困りますね。
一度は4DXを体験したいと思ってますが、倍くらいしますもんね。

4/10 ガンダムビルドダイバーズ 2話

トランザム!!

格上の相手と戦い、自分の力量を知る回。
サラとトランザムを使わないと約束したのに、使ったとこは男の子ぽくてよろしい。
そのあと、サラに約束を破ったことをきちんと謝っていたのも、よかったです。

オープンワールド

W好きなので、サンクキングダムがあったのに感動しました。
こういう世界観のガンダムネトゲはやってみたい。

Newガンダムブレイカー

かなりギャルゲ―色が強いらしく、少し気になります。
でも、ガンダムのパーツって、アーマードコアと違ってその機体用にデザインされてるので、しっくりくるように作るの難しそうですね。
PS2で、あきまんがキャラデザしたガンダムのRPGがあって、ドム足だけホバー移動気持ちよかったので、ずっとドム足だった思い出。

刀使ノ巫女 13話

可奈美との力量の差を肌で感じて落ち込む沙耶香

こればっかりは、沙耶香が強くなるしか、解決方法がないか。
追いつけない自分を受け入れて刀使を続けるか、苦しみながらあがくか。
誰しもが他人事じゃいられない選択ですね。

紫を斬ったのは、師匠ではなく可奈美の力

なるほど、憑依芸か。

今度は、刀使が敵

ぶっちゃけ、前も似たようなものだったけどw
よく考えると結芽以外の紫派の刀使が、荒魂の力を借りてあれだったことを考えると、可奈美がぶっちぎってるように見えるのは仕方ないですよね。

高津学長、まだ暗躍するのかw

誰か、結婚相手を用意してあげた方がいいのでは。

・拍手レス

>>久々の更新だな
この教師生徒が孕んだら興味無くなったのか
勿体ねぇ愉しいのはコレからなのに


孕ませた子を何人も捨ててきたんでしょうね。

>>バックで突かれてる紫髪のキャラなんでヘソ周りが紅潮してるんだろう?
この絵にも個人的にボテ欲しかった


腹パンされました。

>>思えば、こち亀の女尊男卑はリカから始まった気もします。
葛飾署を花柄にしたり、コギャルの刑事を作ったりと彼女のアクティブな行動って、両津に似ているところがあるとも感じますね。


しかも婦警たちのワガママは、通っちゃうのがずるいですよねw
婦警サイドに麗子が味方に付くと、完封されるイメージです。

>>曖昧な記憶だからいい加減だけど男女の絡み合いを模写するのに使えるフィギアがあったはずなんで、S○Xの絡み方がわからなくなった時にいいのでは?

こういうやつですかね。
合成人間というのが、可動域がすごく広いと聞いたりします。

4/9 ミリオンライブ!

ミリオンラジオ

最新の回が、種ちゃんゲスト回だった。
復帰後からのミリオンの活動など、いろんな想いが聞けて嬉しい。
出演できなかった4thライブの衣装を、最近出したCDのリリースイベントで着るらしく、映像化してほしい。

4thの衣装は、3チームどれもよくて、改めて、ライブ衣装の大切さが分かります。
衣装がいいと、ずっと幸せな気分になります。
ミリオンは、1stから4thまで自分好みの衣装が続き、そういう部分でも惹きつけられてます。

ミリシタ

ミリシタでは、琴葉がリーダーでセンターの灼熱少女のイベントが折り返し中。
最近、イベントでカード報酬が貰える5万位に入るのがきつい。
というか入れない。
初期は、片手間でやってても入れたので、人が増えてるのかな。
いいことなんだけど、カードが貰えないのがつらいw

52分のうそつき集

エイプリルフールに配信された待ち受けプリンスの「うそつき」セリフだけ切り取った映像。
失望感や、裏切られた感じが出てる言い方は、グサリと刺さると同時にニヤニヤしてしまいます。
雪歩の「き」の残り方が、一番くる。

4/8 HUGっと!プリキュア 10話

はな回

たこ焼きを食べずに宣伝してもダメだよね、と思っていた。
なので、たこ焼きを食べたリアクションで、客がきてめでたしめでたし、というベタな展開になるかと思いきや、お客さんに笑われたことに申し訳なさを感じて逃げ出す。
いつものはなであれば、そうなったんでしょうが、メンタルが弱り切ってて意外な展開でした。
しかも、今回、覚醒せずに、はなを守るためにはぐたんが力を使い、目を覚まさなくなるというつらすぎる展開。
赤ちゃんの衰弱していく様を見るのは、かなり心にきました。
次回のはなに注目です。

ルパン三世 Part5 1話

好きな時期の絵柄

柔らかいタッチで好きです。
OPが、相変わらずおしゃれです。
たまにイラストやぽく見えたり、フランスのボードゲームぽくも見えました。

SNSで拡散されるルパン

仮想通貨やSNSと、ドストレートに現代っぽさを出してきましたね。
SNSによるマンハントは、逃げては通れない道か。
犯罪者の写真を拡散したりって、ありそうであまり聞きませんね。
よく考えると、交番の前を通ることがないから、指名手配の写真も見たことないかも。
今もあるんだろうか。

・拍手レス

>>刀使って正直言って3話ごろまでは何言ってんだ、だの何やってんだだの色々言われてたなぁ
8話で20年前の回想で過去が明かされた時もセリフで説明して終わったとか騒ぐ連中が居てなぁ


一度、否定的になっちゃった人は、粗を探そうとしますもんね。
瞬間に思ったことを書いたのが残り続けるケースもあるでしょうし、そういうのがネットの厄介なとこですね。

4/7 僕のヒーローアカデミア 39話

キャラ紹介と今までの経緯

続編の初回で、キャラ紹介をしちゃうのは仕方ないらしい。
新規を取り入れるためとはいえ、1話損してるような気分。
そしてスクール水着のだささよ。
新スク好きとしては悲しいですが、現実ではあれでいいと思う。

原作

ハンターハンターが連載再開してた間、ジャンプを買ってたので、原作のヒロアカも読んでました。
デクが、サポート科に開発してもらったアイテムを使うことで、能力をうまく使い始めていて、熱い戦いをしてました。
ハンターハンターが、次に連載再開するころには、もっと強くなってるんでしょうね。

・拍手レス

>>"人間の荒魂化"ってワードがあったから特別機動隊の隊員が高濃度のノロを注入されて荒魂化し、舞草の刀使達を苗床に…ゴクリ

荒魂化したらオレンジ色に光る肉棒、ウルトラオレンジを突っ込むのか。

>>パシフィック・リム アップライジングまで1週間切っちまったな早いわ

早いですねー。
CMでアベンジャーズも、月末に公開されるようですね。
レンタルしてばかりだったので、そっちも映画館で見てみようかと思います。

4/6 ヴァイオレットエヴァーガーデン 全13話

これは好きなやつ

気持ちをうまく伝えられない人が、代筆という形を通じて伝える。
心の奥底にあるものをさらすのは、とても勇気がいることで、それを告白するタイプのシナリオには、毎度泣かされますが、それを代筆という形で見せるのも、また素敵ですね。

1話、自動手記人形

京アニが発売してるCM本とか買ってたんですが、内容に触れてなかったので、ずっとヴァイオレットのことアンドロイド的なものだと思ってました。
感情もないと思ってたので、めちゃくちゃ感情的で、どのタイミングで心が無になるんだろうと見てました。
代筆という人の秘密に触れる職業なので、人形という単語を使うセンスがいいですね。

3話、ころあず!

自動手記人形の学校でお勉強。
そこで出会った、ルクリアという女の子。
お兄ちゃんが、ただの飲んだくれのクズかと思いきや、戦争で心に傷を負ってるという。
短い文章ながらも、響く言葉でした。

ルクリアの声がころあず。
ユーフォで久美子と中学が一緒だったあずさといい、こういう女の子らしい女の子の声が、めっちゃ合ってる。

5話、お姫様と王子と女官

めっちゃ成長してる!
一瞬、何話か飛ばしたのかと思ったけど、これが学校で認められた力。
姫様と女官のやり取りが、泣けちゃいます。

6話、男だらけの天文台

学校に通っていたルクリアと2人の女の子が再登場。
5話での記事を見て「あなたと知り合いなんて鼻が高いわ」ってセリフが、世界名作劇場ぽさある。
女性のいない天文台だったので、いかがわしいことが起こるのかと思ってました。

7話、湖にダイブ

舞台作家のお手伝い。
沈むのだけは、コメディぽくなるかなと思ったけど、まさか3歩も歩くとは。

8話と9話 ヴァイオレットの過去

立ち直り方が、よかったです。
手紙をもらって、それで話が進むわけではなく、ちゃんと配達を手伝うのがいい。
手紙を捨てた配達員とか、現代っぽい話ですね。
ヴァイオレットへの手紙は、読むまでルクリアのお兄ちゃんからの感謝の手紙かと思ってました。
初めての手紙が、そういう形なのもいいなー、と勘違いしてたw

10話 成長した娘へ送る手紙

一番涙腺にきたのは、母が死んでしまうことを理解してるシーン。
そりゃあ気付くよね。
未来に手紙を送るサービスは、聞いたことある気がします。

感想

ヴァイオレットの成長が、魅力的な作品。
そんなヴァイオレットを通して、周囲の人々も変わっていく姿が素敵でした。
どちらかという単発の話が好きだったので、もう何話か見たいところです。
同僚たちの影も徐々に薄くなってたし、彼女たちやルクリアの実務も見たい。

3話の学校の先生や、5話のお姫様の女官など、ちゃんとした職の人が、ちゃんとした正しさを持ってる人が好きです。
甘やかしたり、情に流されず、それでいて、きちんと向き合ってくれて、その先に辿り着いたとき分かり合えるという関係が素敵です。

・拍手レス

>>長船の刀使達のモモ良いよな…

長船襲撃は、思ってたより窮地に立たされてるシーンでしたw
隊員たちも敵というわけではなく嘘情報に踊らされてる形でしたね。
あのあと、寝てる生徒たちに、荒魂でも女子高生なら……!!、って、ムラムラして襲いかかるのかw

・SS

>>【モバマス】文香「実は私、サキュバスなんです・・・」
皆知ってたイヤらしいってのは


途中までは嘘かと思ってましたが、ほんとにサキュバスだったw

>>【アイマス】P「千早がストーカー被害に?」

怖いことにならないやつ。

4/5 刀使ノ巫女 胎動編 全12話

1話、暗殺者を庇いそのまま逃亡してしまう主人公・衛藤可奈美

結構な衝撃展開でびっくりしました。
剣での戦いが好きなことは触れていたので、姫和と戦ってみたいから、という理由は繋がるといえば繋がるけども、もっといかれてるレベルで好きを強調してれば、説得力あったかなと思うシーンでした。
その場から逃げる行為のリスクを考えてないように見えるし、傍目から見ておかしな行動をする場合、それを納得させるようなキャラ描写は必要ですね。
舞衣も呆然とするわ。

そんな舞衣の、可奈美と戦うときに居合の構えを取ったシーンが、かっこよくて好きです。
すぐ負けちゃったけど、何百回も可奈美と戦ってきた舞衣が、可奈美を越えることを常に考えてきたことが窺えるいいシーン。
中々、こういう形でかっこよさを見せる脚本って見ないので、うまいなと思いました。

2話、同じ学校の子に迷惑かけてるー

そりゃそうですね。
逃亡した先に荒魂が現れ、退治に出向く。
ここで、荒魂と戦う女の子たちの話だったことを思い出す。
姫和が暗殺しようとした折神家の当主は、大荒魂らしく、それを可奈美もあの一瞬で見抜いていたという。
唐突に思慮深さを見せた可奈美だけど、1話でその描写を入れてればOKでしたね。

3話、可奈美舐めプしてる説

潜伏先を襲撃してきた糸見沙耶香と戦う姫和。
妖刀に取り憑かれてるっぽい沙耶香は、写シを使わないまま戦っていて、斬るしかないと覚悟を決める姫和。
しかし可奈美は、沙耶香からあっさりと刀を奪う。
純粋に強いから、今の状況をきちんと受け止める精神も備わってるように見えてきた。

5話、姫和からも冷静な判断力があると認められる可奈美

やっぱ、そういう設定なんですね。
母親っぽい人と精神世界で戦ってるし、強い相手との戦いに慣れてるのもあるのかな。

7話、舞衣と沙耶香の関係がいい

舞衣も舞衣で、メンタルが強くてかっこいい。
こういう親友ポジって、劣等感を抱いて闇堕ちしそうなものですが、芯が強いですね。
沙耶香を連れて可奈美と合流。

折神紫の信奉者である高津雪那。
こういうおばさん好きです。
離れていく沙耶香に心折れるメンタルがかわいい。
声がゆかなさんというのもいいですね。

8話、20年前の先生たち若い

雪那がロリロリしくて笑う。
8話にして、事件の全貌が見えた回。

11話、結芽が死亡

この手のタイプは好きなので、悲しい生い立ちを見せるなら、やはり可奈美と戦ってほしかったですね。
生きるためにアラダマを受け入れてるけど、戦うことに関しては自分の力でっていうスタンスが胸を打ちます。

12話、可奈美母、助太刀

可奈美が紫の行動パターンを見抜き、太刀筋を見切って一太刀浴びせたシーンがかっこいい。
姫和より一段上の実力を見せる。
姫和も命を捨てる覚悟の一突きで紫と共に永遠の世界に行こうとする。
一瞬とはいえ、それぞれがラスボスを凌駕したシーンがあってよかったと思います。
可奈美の母の介入もありということで。
ていうか強すぎましたねw

舞衣と沙耶香VS雪那の戦い。
11話での、「何も喋らないで」という言う舞衣に対して「はぁ?」って返す雪那が面白い。
沙耶香が、雪那を哀れむという最高の形で決着。
EDで目が死んでて笑いました。

感想

1話のラストが衝撃でしたが、可奈美の人となりを知ったあと理解できるという構成でした。
全体の話は、オーソドックスな内容でしたが、楽しかったです。
主人公の可奈美が、屈指の実力者で、戦闘に関してはクレバーなとこがよかったですね。
独自な世界観だったので、アラダマを退治する日常的な活動を見せつつ、写シと迅移を視聴者に馴染ませてもよかったかもしれません。
あえて、視聴者自身に考えて理解してもらうような脚本にしてるようにも感じました。

キャラだと、舞衣と雪那、結芽が好きです。
可奈美の強さはかなり魅力なんですが、声がちょっともっさりしてるのが気になった(ひどい理由)
2クール目では、母を越える姿が見たいです。

2クールめからは、アラダマを退治していく刀使ノ巫女の通常任務が見られるようで、明るい話が増えそうかな。
結芽の遺体を処理すると申し出た寿々花あたりは、怪しい動きをしてきそうですね。
どうなっていくのか楽しみです。

4/4 雑記

GKR: Heavy Hitters

去年末に届くはずだったキックスターター発のボドゲが、先月末に届きました。
ロボット同士が荒廃した街中で戦い、それがテレビ中継されているというシチュのゲーム。
アートワークや世界観が、バスカッシュぽくて手を出してしまいました。
想像よりもロボットフィギュアが大きくて、HGのガンプラでも代用できそうなサイズでした。
箱も普通のボドゲの2倍ほどあり、こりゃあボドゲ会には、持っていけないだろうと思ってましたが、先月のボドゲ会に別の方が持ってきてましたw

ルールブックは、和訳していたので、さっさと遊んでしまおうと友人とプレイ。
しかし、このゲーム、カードにも効果があり、分からない単語をグーグル翻訳にかけてプレイするはめになりました。
友人に多少の英語力があってよかった。

ゲーム内容

ヘヴィヒッターと呼ばれるメインのロボと、戦闘、偵察、修理ができるサポートユニットを1体ずつ持ってスタート。
25枚のカードを使って、敵のヘヴィヒッターを倒すか、ビルを4つ破壊すると勝利する。
ゲーム開始前にカードを構成できるのが、ロボ好きには嬉しいポイント。
メイン武器を4つの中から1つ(5枚セット)選び、セカンダリ武器も5つの中から2つ(各4枚セット)選び、あとは共通カードで構成される。

単に殴り合うだけのゲームではなく、スポンサーに媚びを売るためにビルに広告タグを付けてアピールできる。
タグを付けると、スポンサーから強力なスポンサーカードをゲットして、戦いを有利に進めることができる。
また、1つのビルに対して、4つめのタグを付けたプレイヤーは、その建物を壊す権利を得る。
そのあたりの駆け引きが、かなり熱かったです。
友人がタグを付けてゲームを終わらせようとするのに対し、全力で攻撃をしかけ、ダイス目が味方してくれたのですが、あと1ダメージ与えられずに敗北しました。

遊んでみれば、意外と簡単なゲームだったので、一度くらいは頑張ってゲーム会に持っていこうかなと思います。

4/3 ガンダムビルドダイバーズ 1話

自分で組み立てて戦う主人公

こういうタイプが、一番好みです。
リクが選んだダブルオー。
初めて見たときは、エクシアが好きだったせいか、微妙だなーと思ってました。
ダブルオーライザーやセブンソードとか、ゴテゴテしてるのを見ていく内に好きになった機体です。

ビルドスペース

プラモ屋内に買ってすぐ箱を開けて組み立てられるスペースがあるというのは、いいアイデアですね。
子供たちがめちゃくちゃ問題を起こしそうだけど、大人もたまに起こしそうな気がするw
いろんな人が周りで組み立ててる環境の中、作るのも楽しそうです。
この手の趣味は、一人で作るのが普通ですもんね。

デスティニーとタイタスが戦ってるジオラマ

ウーンドウォートでおっ!と思ったあとだったので、余計に笑ってしまった。
さすがにその対決は、デスティニーに勝たせてあげてほしい。
ちなみにデスティニーより、ソードインパルスが好きです。
SEED系の羽が、苦手なのかも。

雑記

μ'sのやり取り懐かしい

ソロコレクション第三弾の発売を記念して公開されたもの。
やっぱこの9人のバランスは、いいですねー。


4/2 ウマ娘 1話

このカオスな世界観、好きです

ウマ娘として生を受けた子らが、競馬場でレースして、勝つとライブできるという、ツッコミどころが多い1話でした。
競馬場に来る人たちが、サイリウム振ってるのシュールw

純粋に走って勝負というのが、熱いですね。
らき☆すたの体育祭やメイドラゴンでの運動会のリレーとかも、無性に好きなんですよね。
大運動会ぽさも感じるので、あれくらいの熱量になってくといいな。

ハルウララ

ハルウララだけは分かりやすかった。
レースでも予想通りの結果だったし、今後が楽しみな存在。

2話を録画し忘れました

Twitterで検索すると、同じく録画し忘れた人がいたようです。
AT-Xで無料放送されるようなので、予約しておきました。

4/1 HUGっと!プリキュア 9話

不器用ないい子・えみる

またまたサブキャラが、いい味出してます。
こういう不器用でうまく伝えられない感じの子、好きです。
見た目が華やかなので、プリキュアになってもおかしくなさそう。
声が、田村奈央さんとミリオン声優なのが嬉しいところ。

まさかの猿がオシマイダーに

タンバリンを返しにきたときのはなとのやり取りに笑ってしまう。
そして子供向けアニメらしいカッパオチがいい。

・拍手レス

>>ダーリン・イン・ザ・フランキスの放送枠中にパシフィックリム アップライジングのコラボCMしてて笑った
関西じゃどうだったか判らんが関東じゃそうだった
あの…パシフィックリムって男同士で搭るのも一般的なんですが…


おぉー、ロボットものの特権ですね。
海外だとあのコックピットは、怒られそうな気がしますw